柏市の歯医者|ウィズ歯科クリニック HOME > 歯並び・咬み合わせが気になる 矯正歯科

矯正治療で全身にも健康を

歯並びや咬み合わせを改善する矯正歯科。機能性だけに重点を置いた改善ではなく、歯を美しく、かつ機能的に整えることで、全身に関わる健康面の改善なども考慮して治療を行っています。

当院では、月1回矯正の専門医を招き、患者様の「目立たない治療がいい」「部分的に治したい」など、ご希望に沿った治療を行います。咬み合わせが気になる方は、お気軽にご相談ください。

悪い歯並び・咬み合わせの原因と影響

歯並び・咬み合わせが悪くなる原因には、以下のようにさまざまなものが考えられます。

  • 遺伝
  • 虫歯や歯周病などによる歯の喪失(空いたところに周囲の歯が傾いたり伸びたりするため)
  • もともと歯の数が足りない
  • 慢性的な口呼吸
  • 生活習慣(やわらかいものが増えてきたことで咬む回数が減り、顎が未発達になるため)
  • など

歯並び・咬み合わせの悪さは、見た目の問題だけではなく、歯みがきがうまくできないために虫歯や歯周病になりやすい、顎関節症(※)を引き起こしやすいといった口腔内の健康面に問題をもたらすことがあります。また、発音が不明瞭になる、うまく咬み切れないため丸飲みになり消化不良を起こす、放っておけば頭痛や肩こりを引き起こすなど、体の健康にも影響を与えます。

※「口が開けにくい」「開閉時に顎がカクカク鳴る」といった症状の総称です。

咬み合わせの重要性

「咬み合わせ」は、一般的に考えられているより、健康と密接な関係があります。咬み合わせの乱れは、頭の位置がズレることで体が歪み、頭痛、首や肩のこり、腰痛などの原因になることがあるのです。また、十分に咬めないことで殺菌作用を持つ唾液の分泌量が減り、口腔内の殺菌・洗浄ができなくなります。子どもの場合は、顎の変形を引き起こすこともあるのです。

Pagetop

不正咬合の種類

じょうがくぜんとつ
上顎前突
かがくぜんとつ
下顎前突
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こる。 下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「受け口」。食べものがうまく咬めず、発音にも影響が出る。
じょうげがくぜんとつ
上下顎前突
すきっ歯
上下の歯列がともに前に突き出ている状態。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり唇が傷付いたりしやすい。 歯と歯の間にすき間がある状態。顎に対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の本数が足りない場合に起こりやすい。目立つだけでなく、食べものが挟まりやすい。
そうせい
叢生
かがいこうごう
過蓋咬合
歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態。顎が小さく歯がきれいに並ぶスペースが足りない、顎に対して歯が大きすぎといった場合に起こりやすい。代表的なのが「八重歯」。 正面から下の歯が見えないくらいに上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態。深く咬みこんだ歯が歯ぐきを傷付けやすいうえに、ものを咬みづらい。場合によっては発音にも影響が出る。
こうさこうごう
交叉咬合
かいこう
開咬
左右いずれかの奥歯または前歯が横にズレている状態。前歯の中心がズレていることが多い。放っておくと咬む機能が低下し、顔が歪むおそれがある。 奥歯を咬み合わせたときに上下の歯にすき間ができる状態。前歯でものを咬み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすい。指しゃぶりが原因となることがある。

Pagetop

症例紹介

CASE1 非抜歯矯正

CASE1 非抜歯矯正

CASE2 GMD+非抜歯矯正

CASE2 GMD+非抜歯矯正

CASE3 インビザライン

CASE3 インビザライン

CASE4 ハーフリンガル

CASE4 ハーフリンガル

CASE5 緩徐拡大装置(SPE)

CASE5 緩徐拡大装置(SPE)

CASE6 ムーシールド

CASE6 ムーシールド

各種お支払方法

インターネットお問い合せフォームはこちら

Pagetop