インプラントコラムインプラント関連情報を積極的に発信しています

歯が抜けた場合の治療方法について

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックです。

今回は、歯が抜けてしまった場合の治療方法についてお話したいと思います。

歯が抜けた場合の治療方法はいくつか選択肢があります。

保険適用で行うブリッジや部分入れ歯のほかにインプラントという選択肢も浸透してきています。

そこで今回は歯が抜けた場合の治療法について詳しくご紹介します。

【歯が抜けた場合の治療法】

・インプラント

インプラントは歯を失ってしまった部分に人工歯根を埋め込んで土台にしてその上に被せ物

をする治療法です。

基本的に固定式なので、安定してしっかりかむことができます。

また、その部分だけで治療ができるので、他の歯に負担をかけることがありません。

歯周病で骨がなくなっている場合には周りの歯の予後が悪く、インプラントを埋入する際に骨造成が必要な場合があります。

外傷で抜けた場合は骨量も良好な場合も多く、予後も良好です。

・ブリッジ

ブリッジは歯を失った部分の両隣の歯を削って橋渡しのようにつないだ被せ物をする治療法です。

例えば歯を1本失った場合、両隣の歯で3本分の負担を2本で補うことになるので両隣の歯に負担がかかってしまい、周りの歯の寿命を縮めてしまうことがあります。その結果、将来的に抜歯になる可能性が高くなります。

・入れ歯

部分入れ歯は残っている歯にバネをかけて使用するので、バネ自体が目立ってしまうことやバネをかけた歯に負担がかかるといったことが起こります。

そのため、審美的に問題が起ったり負担のかかる歯が将来的に抜歯になる可能性があります。

また、歯ぐきを休ませるために就寝時ははずす必要があったり、食べ物が挟まりやすいといった不快症状が現れたりします。

【歯が抜けた時の治療法の比較】

見た目

・ブリッジは保険適用で治療すると、奥歯は銀歯でギラギラ光ってしまい、前歯だとプラスチック素材なので、経年変化で少しずつ黄ばんできてしまい、見た目にも問題が起こります。

・インプラントの場合にはほとんどが保険外の治療なので基本的には変色せず、透明感のある素材であるセラミックを選ぶことができ、見た目の満足度の高い治療です。

かむ力

・部分入れ歯は固定式ではないので安定感が悪く、硬いものなどかむことが難しくなってしまいます。

・ブリッジは失った歯の負担分を周りの歯で支えるので余分な負担がかかってしまい、歯があった時よりかむ力が劣ってしまいます。

・インプラントは、歯が無い部分だけで治療ができるのでほかの歯に負担をかけることなくしっかりとかむことができるようになります。

インプラントはほかの治療に比べて、ご自身の歯に近い状態でかむことができるようにな

ります。

歯を失った時はいくつか選択肢があるので、治療法を比較して検討してみてくださいね。

歯がない状態で放置すると左右の歯が倒れてきてしまうことや顎の骨に刺激が伝わらないために骨が減ってしまう事にもなるので早めに治療しましょう。

ご自分に合った治療法を選択してお口の環境を整えてくださいね。

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002