Oral Reconstruction Symposium Japan

Oral Reconstruction Symposium Japan

 

こんばんは!

 

柏市・南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニック院長の小澤です。

 

本日ドクター、スタッフと一緒に東京は有明にて開催された「Oral Reconstruction Symposium Japan」に参加してきました。

 

このシンポジウムでは2日間にわたり、「エビデンスに基づくインプラント治療」をテーマに、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士と各セクションに分かれて学術講演やハンズオンセミナーが開催されました。

 

より安心で安全なインプラント治療を行うための知識だけでなく、最先端技術、デジタル機器からメンテナンスまで幅広い学びを得ました。

 

特に当院でも用いているカムログインプラントより新しく出たコーンログインプラントシステムですが、フルラフサーフィスとなっていて、前歯部の審美修復インプラント症例には非常に有利なシステムとなっています。

 

さらにこれまではカムログインプラントのフィクスチャの長さは最短で9mmだったのですが、コーンログインプラントからは7mmがラインアップされたので、これまで大きな骨造成が必須だったケースでも侵襲の少ないインプラント治療が可能になるケースが増えてくると思います。

 

わずか2mmの長さの違いですが、小さな口腔内では解剖学的な制約を受けたりするため、わずか数mmでもかなりシビアになってきます。

 

もちろんコーンログインプラントもSMOPシステム(フラップレスインプラント、メスを使わない・切開しないインプラント治療)適応ですので、より侵襲の少ないインプラント治療が可能になってきました。

 

今後もこういった場には積極的に顔を出し、より質の高い医療を提供できるようにしていきたいと思います。

 

最後に今回のシンポジウムでは勉強熱心な同級生や元スタッフにも会えたことでたくさんの刺激をもらえました!

 

また招待してくださった業者様、何よりも一緒に参加してくれたモチベーションの高いウィズのドクター、スタッフに感謝です!

 

 

『歯の痛み』はもちろんのこと『ホワイトニング』『インプラント』から『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』など、先端治療と快適な医院空間で幅広い年代層の方に満足していただける医院を創ります。

柏市の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop