親知らずの治療費っていくらいるの?柏市の歯医者がお答えします! 

親知らずの治療費っていくらいるの?柏市の歯医者がお答えします! 

「今度親知らずを抜くけれども、費用はいくら必要なんだろう?」
「利用できる保険があれば知っておきたい。」
親知らずを治療する方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、その治療にどのくらいの費用がかかるのかご存じの方は少ないのではないのでしょうか。
そこで今回は、親知らずの治療費や保険についてご紹介します。

 

 

□必要な治療費


早速、親知らずの治療費をご紹介します。

 

*歯の検査

親知らずを抜く前に、歯がどのような状態か検査を受ける必要があります。
その際にも費用が発生します。
診察料はおよそ3000円です。
また、CTなど追加で診察を受けた場合は、追加で費用がかかります。

 

*歯の手術

次に親知らずを抜く費用です。
治療費の中でもここでの費用がとてもかかります。
歯の状態にもよりますが、1本あたり1000円から5000円の治療費が必要でしょう。
ここまでの費用をまとめると、1回の治療で3000円から10000円が必要といえます。

 

□利用できる保険


ここで、治療費が足りるか不安なときに利用できる保険を紹介します。
親知らずの治療では、社会保険や健康保険が利用できます。
ただ、注意しなければいけないのは医療保険です。
親知らずの場合、医療保険が利用できないことがほとんどです。
しかし、条件を満たしていれば利用できることもあります。
どのような場合に利用できるか見ていきましょう。

 

*入院する場合

親知らずの状態がひどい方や持病を持っている方は入院の必要があります。
このように、治療の際に入院が必要な場合は保険がおります。
入院期間が1日や2日などの短期間でも利用できるので、該当している方は利用してみましょう。

 

ただ、保険金の利用には診断書が必要です。
診断書の発行にも費用がかかり、1枚当たり10000円が必要となることが多いようです。
保険金の見積りを出して、損しないか確かめてから発行しましょう。

 

□まとめ
 

以上、親知らずの治療費と利用できる保険をご紹介しました。
先程も紹介しましたが、ほとんどの場合、親知らずの治療は医療保険が適用されません。
保険を利用する場合は、主に公的な保険である社会保険や健康保険を利用することになるでしょう。
また、医療保険でも今回紹介したケースに当てはまっていれば、利用できることもあるので参考にしてください。
この記事を見て親知らずを治療してみてはいかがでしょうか?

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop