子どもの歯の矯正に保険はかけられる?柏市の歯医者がお教えします 

子どもの歯の矯正に保険はかけられる?柏市の歯医者がお教えします 

お子さんの歯並びの悪さが気になってしまう方は多いのではないでしょうか。


しかし、その費用の高さから治療を始めることを躊躇されている方は多いのではありませんか。
そこで、今回は子どもの歯の矯正治療に適応する保険をご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□健康保険は適応するのか


病院に行く際によく耳にする「保険」という言葉はこの健康保険を指します。
たくさんの治療にこの健康保険を適応させられて、治療費を抑えることができます。
しかし、矯正治療は基本的にこの健康保険の適応外です。
それでも矯正治療の一部は健康保険が適応されます。
例えば、唇顎口蓋裂、顎変形症、鎖骨頭蓋異骨症といった病気の症状として歯ならびが悪くなっている場合は、健康保険を適応することができます。
矯正治療が基本的に保険適応外である理由は歯並びが悪いことが病気だと考えられていないためです。
日本人は遺伝子的に歯並びが悪くなりやすいうえに、出っ歯になりやすい性質を持っています。
そのため、矯正治療は病気に対する治療行為と考えられていません。
矯正歯科治療は健康保険が適用される病気が限られていると考えてみると分かりやすいです。

 

 

□医療費控除の利用


健康保険が適応できないので、自動的に矯正治療にかかる金額は高額になってしまいます。
そこで活用したいのが「医療費控除」と呼ばれる制度です。
医療費控除とは医療費を一定額以上払った場合に一定金額が返金される制度です。
この制度は納税者本人にかかった医療費だけではなく、家族のために支払った医療費にも適用されます。
そのため子どもの矯正治療費にも適応されることになります。
健康保険が適応できないので矯正治療費はどうしても高額になってしまいます。
全金額を自己負担しなければなりません。
しかし、医療費控除という制度を用いることによって金額を抑えることができます。
子どもに矯正治療を受けさせてあげたいけれど金額が高くて受けさせてあげられないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
この制度を利用して金銭的なハードルを下げることができるようになります。

 

□まとめ


今回は子どもの歯の矯正治療に適応する保険をご紹介いたしました。
基本的に健康保険を適応させることはできないものの医療費控除は受けることができることはお分かりになれたのではないでしょうか。
ぜひこの記事を参考にして、金銭的な負担を減らし治療を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop