虫歯を予防するための治療とは!柏市の歯科がお答えします! 

虫歯を予防するための治療とは!柏市の歯科がお答えします! 

 

「歯をきれいに保ちたいけれど、どんな対策をすればいいの?」
「むし歯予防を歯科医院ではどのようにしてもらえるの?」

このように、歯をきれいに保つために歯医者に行きたいとお考えの方もいらっしゃいますよね。

歯がきれいであることで、その人の印象は変わってきます。
年を重ねても若々しい歯を保って、口を大きく開けて笑えたら素敵なものです。

そこで今回は、歯を健康に保つための治療についてご紹介します!

 

 

□8020運動

 

8020運動という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

8020運動は、80歳になってもご自身の歯を20本以上維持するという国民への呼びかけで、厚生労働省と日本歯科医師会が主となって推進しています。

実際の調査結果より、80歳で20本の歯を維持している方は健康な方が多いことが分かっています。

そのため、将来の健康のためにも歯をきれいに維持することが大切です。


以下で、健康な歯を保つための治療を具体的にご説明します。


□SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

 

むし歯や歯周病の原因である歯垢、歯石、バイオフィルムなどの細菌を機械的に除去し、細菌が付きにくい環境をつくります。

最近では、歯根面の沈着物のみを手用スケーラーや超音波スケーラーなどで除去し、セメント質組織を温存する「ルートデブライドメント」と呼ばれる手法が推奨されています。

ご自身の歯の状態に合わせた施術をすることが大切なので、まずは歯科へカウンセリングを受けに行って相談してみることがおすすめです。


□フッ化物歯面塗布法

 

乳児むし歯の予防、また、成人の根面むし歯の予防が期待できます。
一度だけの塗布は効果が薄れてしまうため、年に2回以上を目安として定期的に受けることが大切です。

フッ素には、歯から溶け出したカリウムやリンの再沈着を促進したり、歯の質を強くして、酸に溶けにくい歯にしたり、歯ブラシで落としきれなかったプラーク中に潜んでいるむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えたりする働きがあります。

最近では、フッ素配合の歯みがき粉が市販で売っているため、ご自宅でもフッ素を利用できます。

市販のものよりも効果を期待したい方は、むし歯のチェックと一緒に歯医者でフッ素塗布してもらうことがおすすめです。

なぜなら歯医者で行うフッ素は家庭で使うものよりフッ素濃度が高いため、定期的に塗布する事でその効果を高めることができます。

 

 

□まとめ

今回は、健康な歯を保つための治療方法についてご紹介しました。

きれいな歯を保って、年を重ねてからも元気に笑えることが大切ですね。

今回の記事が、歯のお悩みをお持ちの方のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop