柏市の歯医者がお伝えする子供が虫歯になったときにかかる小児歯科について

柏市の歯医者がお伝えする子供が虫歯になったときにかかる小児歯科について

 

子供は自分で歯磨きしても、磨き方が不十分なためにどうしても虫歯になりがちです。柏市の小児歯科で歯医者に行く際は、どういう点に注意すればいいのでしょうか。

 

■乳歯の役割

幼い子供に生える乳歯は、全部生えそろっていないとさまざまな障害が発生します。まず、全部生えそろっていないと、食べ物をしっかり噛んで食べることができなくなります。

その結果、栄養素を十分に吸収できないことになり、よく噛むことで顎が発達しますから、歯が生えそろっていないと、あごが未発達のまま成長することにもなりかねません。また、乳歯が生えそろうことで正しい舌の位置がわかるため、言葉の発達のためにも、乳歯が生えそろっていることは重要です。

 

■乳歯は虫歯になりやすい

乳歯は永久歯と違ってひと回り小さいサイズです。歯はエナメル質や象牙質で表面を守られていますが、乳歯のエナメル質や象牙質は永久歯よりも厚み薄いため、また固さも柔らかい為あまり耐久性がありません。このため、乳歯は虫歯になりやすく、しかも一度虫歯になると進行も早いので、すぐに治療することが大切です。

乳歯が虫歯になるのは、唾液からの感染が主な原因となります。大人が使った箸やスプーンで乳幼児に食事を与えることで、大人の口の中の虫歯菌が子供の口の中に感染してしまうのです。子供が虫歯になっても、「すぐ永久歯に生え変わるから」という理由で、乳歯の虫歯を治療せずに放置する方もまれにいますが、前述のように乳歯が生えそろっていないといろんな弊害が発生するので、絶対に放置してはいけません。

 

 

■乳歯の治療法

医療法人社団オハナ会 ウィズ歯科クリニックでは、以下のような乳歯の治療を行っています。

・虫歯治療

一般的な虫歯治療を行っていますが、動いてしまったり、泣いてしまったりする子もたまにいます。当院では小児歯科学講座在籍の歯科医が大学病院から出向しておりますので、専門知識と技術を生かした治療で、こういったお子様でも安心して治療を受けていただくことが可能です。

・フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗って、乳歯を虫歯菌から守ります。フッ素を塗ると再石灰化が進むので、初期の虫歯ならこれだけで治癒することもあります。

・シーラント

乳歯の奥歯には複雑な溝があるため、食べたものが詰まりやすく歯磨きしにくいので、虫歯になりやすい場所です。この溝を特殊な歯科用樹脂を使って埋めるのがシーラントです。溝を埋めることでその部分の虫歯の予防になります。

・保隙装置

虫歯などで、生え変わり前の早い時期に抜歯となってしまった乳歯のスペースを、永久歯が生えてくるまでの間維持する装置です。抜歯してそのままにしてしまうと、永久歯が生えてくるスペースに隣の歯が倒れ込んできてしまい、生えてこれなくなってしまうこともあります。

・過剰歯の抜歯

乳歯は20本生えるのが正常なのですが、まれに20本以上生えることがあるので、これを抜歯して歯並びが悪くならないようにすることも大切です。

・床矯正

乳歯の段階で、歯が生えそろうだけのスペースがない場合に行う矯正です。特殊な専用器具で無理なく顎を広げて、歯が生えるためのスペースを確保します。

・矯正

歯の矯正は大人になってからでも可能ですが、成長途中で行うことで、成長に合わせて自然に矯正することができます。

 

 

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop