柏市の歯科をお探しの方必見!局所麻酔の種類は?

柏市の歯科をお探しの方必見!局所麻酔の種類は?

「インプラント手術を受けたいけど、局所麻酔とはどのような種類なのだろう?」
「局所麻酔とその種類について詳しく知りたいな。」
このように、局所麻酔について詳しく知りたい方はいらっしゃいませんか?
どのような治療をするかわからないと不安になりますよね。
そこで今回は「局所麻酔とその種類」について解説します。

 

 

 

□局所麻酔とは?
身体の一部分に麻酔薬を投与し、一時的に痛覚を遮断させる麻酔方法です。
比較的小さな手術の場合によく行われます。
局所麻酔をすることで、痛みをなくし、治療をより行いやすくさせる効果があります。
 


□局所麻酔の種類を解説します

 

*注射の痛みを軽くする「表面麻酔法」
麻酔薬を歯肉に塗り、表面の感覚をなくす方法です。
歯の痛覚を完全に遮断するためには、必ず注射による麻酔薬の投与が必要なのですが、実は、そのための注射が痛いのです。
しかし、表面麻酔法を使えば、注射の痛みを和らげることができます。
具体的には、ガーゼやコットンを入れて麻酔薬を染み込ませていきます。
他にも、歯石のクリーニングや乳歯の抜歯などにも使われています。

 

*麻酔薬を注射する「浸潤麻酔法」
最近では、細い針が使われているので、あまり痛くない注射になっているのですが、いまだに患者からは不人気な治療方法です。
痛覚を遮断させたい場所に注射してその部分を麻痺させます。

 

*奥歯の治療を行う際に行われる「伝達麻酔法」
奥歯は麻酔が効きづらいです。
そのため、この治療法が用いられます。
口や舌を含む広い範囲によく効く麻酔なので、治療後の痛みが気になりにくくなります。


□局部麻酔でインプラント手術をしよう
インプラント手術は基本的に、局所麻酔で行います。
ただストレスが強い場合などでは、静脈内鎮静法を併用することがあります。
静脈内鎮静法を使うと、ほとんど眠っている時と同じような状態になるので、不安やストレスを感じずに手術を終えることができるでしょう。

 

 

□まとめ
今回は「局所麻酔とその種類」について解説しました。
合わせてインプラント手術も局所麻酔を使っていることをご紹介しました。
局所麻酔を怖がらずに、歯科治療を行ってみてくださいね。

Pagetop