歯を失った後の選択肢であるブリッジのメリット・デメリットについてご紹介します

歯を失った後の選択肢であるブリッジのメリット・デメリットについてご紹介します

「歯がない部分を補いたいが、目立たない方法があるのかわからない。」

「ブリッジと呼ばれる治療法について知りたい。」

このように、歯が抜けてしまった箇所の治療法について疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

一部だけ歯が抜けてしまったままにしていると、噛み合わせが悪い状態が続きます。

ブリッジと呼ばれる方法では、隣の歯を利用して失った歯を補えます。

ブリッジについて知ることで、適切な治療を受けましょう。

 

今回は、歯を失った後の選択肢であるブリッジのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

□ブリッジのメリット

 

*装着した際の違和感が少ない

 

歯を失った部分の両隣の歯を利用して固定するため、口内の違和感が少ないでしょう。

また、セラミック等でブリッジにした場合は見た目も自然なため目立ちにくいです。

歯が揃っている時のように生活したい方におすすめの方法です。

 

*食事が楽しめる

 

固定式で食べ物を噛む時の負担が両隣の歯に分散するため、咀嚼能力が高いことが特徴です。

硬いものなども歯を気にすることなく、食べられます。

 

 

□ブリッジのデメリット

 

*健康な歯を削る必要がある

 

ブリッジを固定するために、両隣の歯を削る必要があります。

健康な歯は削られることで、歯の寿命が短くなる可能性があります。

 

*治療費が高くなる傾向がある

 

ブリッジの治療を行う場合、入れ歯に比べやや治療費は高くなります。

また、変色しないセラミックや奥歯の部分で白い素材を使用する場合、保険が利用できません。

保険外では、治療費が高くなる傾向があるため注意が必要です。

 

*土台となる歯がない場合は利用できない

 

ブリッジは両隣の歯が支柱の役割を果たし、歯を固定します。

そのため土台となる歯がないとブリッジの治療が行いません。

少数の歯を失った方におすすめの治療法です。

 

 

□まとめ

 

今回は、ブリッジのメリット・デメリットについてご紹介しました。

 

 

歯を失ったままでは、噛み合わせも見た目も気になります。

ご紹介したブリッジのメリット・デメリットを、柏市で入れ歯を検討する際の参考にしてみてください!

院内には個室のカウンセリングルームを設け、患者様の悩みや治療に対する希望をしっかり伺っております。

知識や経験が豊富なスタッフが、あなたのお悩みの解決をお手伝いします。

柏市で入れ歯をご検討の方、ブリッジについてもっと詳しく知りたい方は、当院までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop