保険外の入れ歯であるノンクラスプデンチャーについてご紹介します

保険外の入れ歯であるノンクラスプデンチャーについてご紹介します

「保険が適用されなくてもいいから、とにかく目立たない入れ歯を探している。」

「ノンクラスプデンチャーと呼ばれる入れ歯があるようだが、どのようなものかわからない。」

このように、保険外の入れ歯について疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

入れ歯が必要な方の中には、できれば入れ歯をしていることがわからないものにしたい方もいらっしゃるでしょう。

保険が適用されない入れ歯についても知ることで、選択肢の幅を広げましょう。

 

今回は、保険外の入れ歯であるノンクラスプデンチャーについてご紹介します。

 

□ノンクラスプデンチャーについて

 

*ノンクラスプデンチャーとは

 

一般的な部分入れ歯では、金属のバネが使用されていることがほとんどです。

ノンクラスプデンチャーと呼ばれる入れ歯では、この金属のバネが使用されません。

歯の部分と歯茎に固定される部分が、同じ素材で作られています。

 

*特徴

 

金属が使われていないため、本物の歯と義歯の境目が目立ちません。

そのため、入れ歯を使用していることが気付かれにくいという特徴があります。

また、歯茎にぴったり密着するため、違和感が少なくなります。

さらに、お餅やガムなどもくっつきにくい入れ歯のため、食事を楽しめるでしょう。

 

 

□ノンクラスプデンチャーをおすすめしたい人

 

*部分的な入れ歯を固定するために、健康な歯を削りたくない人

 

金属の部品で固定する入れ歯を使用する場合、金属のバネに合わせて歯を削る必要がある場合があります。

健康な歯はできる限り傷つけたくないですよね。

ノンクラスプデンチャーはピンクの樹脂の形を整えることで固定します。

ノンクラスプデンチャーを利用して、健康な歯を守りましょう。

 

*目立たない入れ歯を探している人

 

入れ歯を支える部分に、金属ではなくピンク色の樹脂がつかわれているため目立ちません。

入れ歯の金属が見えて、実際の年齢より老けて見られることを防げます。

ノンクラスプデンチャーを利用することで、見た目を気にすることが減るでしょう。

 

*金属アレルギーの人

 

金属のネジを使わないため、金属アレルギーの方も使用できます。

金属アレルギーが原因で入れ歯を諦めていた方におすすめです。

 

□まとめ

 

今回は、保険外の入れ歯であるノンクラスプデンチャーについてご紹介しました。

 

ノンクラスプデンチャーのメリットをお分かりいただけたと思います。

当院では個室のカウンセリングルームを設け、患者様の悩みや治療に対する希望をしっかり伺っております。

そして、患者様の希望に沿った最適の治療方法をご提案します。

柏市で入れ歯をご検討の方、目立ちにくい入れ歯について、もっと詳しく知りたい方は、当院までお気軽にお問い合わせください。

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop