●保険外の入れ歯である金属床の種類についてご紹介します

●保険外の入れ歯である金属床の種類についてご紹介します

「保険が適用されないものでもいいから、とにかく付け心地の良い入れ歯にしたい。」

「入れ歯には、保険外のものがあるようだがどのような入れ歯かわからない。」

このように、保険の入れ歯についてお悩みの方もいらっしゃると思います。

 

入れ歯は毎日使用するため、どのような種類が良いのか気になりますよね。

メリットがたくさんある保険外の入れ歯について知ることで、選択肢の幅を広げましょう。

 

今回は、保険外の入れ歯である金属床についてご紹介します。

 

□金属床について

 

*金属床の入れ歯とは

 

入れ歯と聞くと、底の部分がピンクのものを想像される方が多いのではないでしょうか。

ピンクのプラスチックではなく金属が使われているのが、金属床です。

ピンクのものは、レジン床と呼ばれます。

 

*金属床の特徴

 

金属床は、レジン床のものに比べて薄く細くできます。

そのため、装着した際の違和感を覚えにくい傾向にあります。

また、金属は熱の伝導が早い素材です。

食べ物の熱い・冷たいが感じられて、食事をより楽しめるでしょう。

さらに強度が大幅に増すので、傷つきにくく壊れにくいため、手入れが楽で安全です。

 

□金属床の種類

 

金属床は、使用する金属によって3つの種類に分類されます。

 

*チタン床

 

金属アレルギーのリスクが非常に低い傾向にあるチタンの金属床です。

軽くて強度が高い特徴があります。

そのため、薄く違和感の少ない入れ歯になるでしょう。

金属床の中でもよく使われている素材です。

 

*コバルトクロム床

 

金属床の中では、価格が安い特徴があります。

また、金属アレルギーのリスクも低いと言われています。

 

*ゴールド床

 

精密な加工ができるゴールドが使用された金属床です。

口内の形にピッタリあう入れ歯が作成できるため、使用する際の違和感が少ないでしょう。

チタンやコバルトクロムと比べると、費用が高くなる傾向があります。

 

 

□金属床にかかる費用

 

*金属床の種類によって異なる

 

入れ歯の底の部分に使用する金属の種類によって価格は変わります。

ゴールドの床の費用は高く、コバルトクロムは低い傾向にあります。

 

*入れ歯の種類によって異なる

 

入れ歯には、一部分のものや総入れ歯といった種類があります。

形や大きさによって価格は変わるため、注意しましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、保険外の入れ歯である金属床についてご紹介しました。

 

金属で作られる入れ歯についてお分かりいただけたと思います。

ぜひ、入れ歯を検討する際の参考にしてみてください!

院内には個室のカウンセリングルームを設け、患者様の悩みや治療に対する希望をしっかり伺っております。

そして、患者様の希望に沿った最適の治療方法をご提案します。

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop