フラップレスインプラントとは

フラップレスインプラントとは

「フラップレスインプラントとは」

 

インプラント手術は外科手術なので、腫れや痛みがないか不安な方もいるのではないでしょうか?

手術時は麻酔をするので、術中に痛みを感じることはほとんどないですが、手術時間も短縮できて、手術後の回復も良い『フラップレスインプラント』という治療法があります。

 

そこで今回はメリットの多いフラップレスインプラントについてご紹介します。

 

インプラント治療とは?

 

インプラント治療は歯を失った部分にインプラントを埋め込んで人工歯を被せる治療です。

ブリッジの様に左右の歯を削ることもなく、部分入れ歯の様にばねをかける必要もないので周りの歯に負担をかけることがありません。

また、人工歯も天然歯と変わらない色で変色しない素材を選ぶことができるので見た目も自然な被せ物ができます。

 

インプラント手術はあごの骨にインプラントを埋め込む外科手術が必要になります。

一般的なインプラント手術の大まか流れは、歯ぐきを切開してからドリルで穴を開けます。

そして、その部分にインプラントを埋め込んで歯ぐきを縫合します。

 

 

□従来のインプラントとフラップレスインプラントの違い

 

従来のインプラントは歯ぐきを切開して行いますが、フラップレスインプラントを用いることで歯肉に数ミリ程度の穴を開けてインプラントを埋め込むことが可能になりました。

ただ、フラップレスインプラントを適応するには骨の状態が重要で、骨の量が十分に豊富で骨の幅がしっかりとあることが条件になります。

 

フラップレスインプラントのメリット

 

・メスを使わない・縫わない

歯ぐきを切開する必要がないので、メスを使用しません。

 

インプラント手術は外科手術なので、手術に対して恐怖心がある方でも、メスを使わず必要最低限の穴を開けるだけでインプラント手術が終わります。そのため、患者さんの不安や恐怖心を大幅に軽減できます。

 

・出血が少ない

歯ぐきを切開しないので、出血の量を最小限にできて、患者さんの負担を軽くできます。

そのため、歯ぐきの傷口もほとんど分かりにくく、見た目も優れています。

また、手術後の痛みや腫れは切開することに起因することが多いので、フラップレスインプラントではこれらの症状をおさえることができます。

 

・オペ時間が短い

切開、縫合の時間が必要ないため、手術時間を大幅に短縮できます。

 

また、インプラント手術の前の治療計画でガイドを作製して埋入位置を決めておくので、歯科医師がその場の判断で行う手術と違い、より精密に短時間に進行することができます。

1本10~15分程度で終わることが多いです。

また、歯ぐきを切開しないので、その分歯ぐきが回復する期間が短くすみ、抜糸の必要もないので、その分通院回数も減らすことができます。

 

・シュミュレーションで正確で安全に治療できる

 

当院ではCTで骨の厚みや量を確認して最適な位置のインプラントを埋入するシュミュレーションを行っています。CTシュミレーションを元に3Dプリンターを用いインプラント埋入用のサージカルガイドを作り、精密、安全なインプラント埋入手術を行っております。

フラップレスインプラントは骨の量が十分にある場合にはとてもメリットの多い治療です。

 

 

痛みや腫れも最小限に抑えることができるので、インプラント治療に不安や恐怖心がある方にもおすすめの治療法です。

インプラント治療が不安で躊躇している方もお気軽にご相談ください。

 

 

インプラント専門サイトはこちら
https://www.with-dc.com/implant/
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
https://www.with-dc.com/
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

Pagetop