抜歯と同時にインプラント埋入を行う『抜歯即時インプラント』とは

抜歯と同時にインプラント埋入を行う『抜歯即時インプラント』とは

抜歯即時インプラントとは

 

 

抜歯即時インプラントは手術時の痛みや腫れが少ない、骨がやせにくい、治療期間が短縮できるなどのメリットがあります。

そこで今回は抜歯即時インプラントについて詳しくご紹介します。

 

 

【抜歯即時インプラント】

 

抜歯即時インプラントは、抜歯と同時にインプラントも埋入する治療法です。

通常、抜歯をした所にインプラントを埋め込む場合には抜歯した骨や粘膜が治るのを待ってからインプラント治療を行うので2~6カ月程度おいてからインプラントを埋入します。

そのため、インプラント手術をするまでに期間があいてしまうので歯がない期間は食事や会話のしにくさでストレスになってしまうこともあります。

 

抜歯即時インプラントは抜歯をした後にすぐインプラントを埋入ができるので、治療期間の短縮や回数の短縮ができます。

 

【抜歯即時インプラントのメリット】

 

・骨がやせにくい

抜歯をした部分の骨は期間があくと徐々にやせていきます。抜歯即時インプラントは抜歯をした後にすぐにインプラントを埋め込むので、抜歯後待時埋入と比較して骨の温存ができ、骨がやせるのを最小限に抑えることができます。

また、骨がやせてしまうとGBRなどの骨の再生を促す治療が必要でしたが、骨造成をしないで済むメリットがあります。

 

・仮歯をすぐに入れることができる

サージカルガイドを用いる場合、仮歯を事前に作製することができる為、審美面に配慮して埋入直後に仮歯を入れるので見た目の心配がありません。

 

・手術後の痛みが少ない

通常のインプラント手術では歯ぐきを切開する必要がありますが、抜歯即時インプラントは歯を抜くのと同時にインプラントを埋入するので、歯ぐきを切開する必要がなく手術後の痛みが少ないです。

また、サージカルガイドを使用するのでフリーハンドで手術するより、より精密な埋入が可能です。

 

 

 

【失った歯の治療】

歯を失った時の治療法として、『インプラント』『入れ歯』『ブリッジ』があります。それぞれメリットとデメリットがありますが、入れ歯とブリッジは素材は限られますが、保険の範囲で治療ができるので費用を抑えることができます。

ただ、ブリッジは両隣の歯を削る必要がありますし、入れ歯はほかの歯にばねをかける必要があり、見た目の問題やばねをかけた歯に負担をかけることがあります。

 

その点インプラントの場合には、保険適応外にはなりますが、ほかの歯に負担をかけることもなく、しっかり噛むことができ、見た目も自然な被せ物ができるので審美的にも満足度の高い治療法です。

 

10~20年後の骨の変化を比べると、入れ歯の場合には骨に刺激が伝わらず骨が徐々に痩せてしまいます。

インプラントの場合にはあごの骨に埋めこむので骨に刺激が伝わって、入れ歯に比べて骨がやせにくくなります。

 

 

 

【歯を抜く前に】

抜歯即時インプラントは治療期間も短縮できて、痛みも少ないので患者さんの負担の少ない治療法です。

抜歯をしなければならなくなってしまった場合にはその後の治療方法についてよく相談し、もしインプラントになるのであれば抜歯即時インプラントが適応となるか、しっかりと検討しましょう。

適応できる場合にはメリットが多いので、前向きに検討されてはいかがでしょうか。

 

インプラント治療を考えている方は一度ご相談ください。

 

 

インプラント専門サイトはこちら
https://www.with-dc.com/implant/
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
https://www.with-dc.com/
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

Pagetop