インプラントをしたらナイトガードをしよう

インプラントをしたらナイトガードをしよう

こんにちは。

千葉県柏市にあるイオンモール柏の国道6号線向かいの歯医者、ウィズ歯科クリニックです。

 

 

 

インプラントのトラブルを防ぐためには日ごろのケアはもちろんですが、かみ合わせも重要な要素のひとつです。

そのため歯ぎしり、くいしばり、かみしめなどをしてしまうと、気づかないうちにインプラントに大きな負担がかかってしまうことがあります。

 

そこで今回はインプラントを歯ぎしりから守るナイトガードについてご紹介します。

 

 

【インプラントと天然歯の違いとは?】

 

インプラントと天然歯の大きな違いは、インプラントには天然歯にはある『歯根膜』というクッションの役割をする膜がありません。

歯根膜は一定の幅があるので、食べ物を咬んだりすると歯がわずかに動きます。

しかし、インプラントにはこの柔軟な動きがないため、強い力がかかるとダメージをダイレクトに受けてしまいます。

 

インプラントのトラブルで比較的多いのが、『かみ合わせ』によるものです。

インプラントのかみ合わせは負担がかからないように精密に調整しますが、歯ぎしりなどでかみ合わせが強く当たってしまうとインプラントに負担がかかることがあります。

 

【気づかないうちに強い力がかかる歯ぎしり・くいしばり】

 

歯ぎしり、くいしばりは寝ている間にいつの間にかしていることも多いので自分でコントロールすることが難しいです。

また、自分では気づかずに家族の方に指摘されて気づくことも少なくありません。

 

そして、ストレスや不安などが関係しているとも言われていて、そのストレスを解消するために歯ぎしりをしているともいわれています。

 

ただ、毎日歯ぎしりをするとほかの歯に負担がかかってしまいますし、インプラント部分にも悪影響を与えてしまいます。

 

また、歯ぎしりがひどくなると顎関節症をひき起こすこともあり、歯ぎしりを防止する対策が必要です。

 

その歯ぎしりから歯を守るために必要なのが『ナイトガード』と呼ばれるマウスピースです。

ボクシングなどのスポーツ選手が使用する厚めのマウスピースとは素材が異なりますが、夜間装着すると歯ぎしりや食いしばりの力のコントロールをして歯を守る役割をしてくれます。

                                              

マウスピースの作製も型取りをすると次回完成するので、簡単に作製ができまる上に、健康保険の適応でもあります。

患者さん一人一人にぴったりと合ったものを作製して、かみ合わせもフィットするように調整します。

ナイトガードは寝る時に装着するだけなので、インプラントを長持ちさせるために使用しましょう。

 

歯ぎしりや食いしばりはストレスや睡眠不足などの疲労で一時的に起こっていることもあります。

その原因が改善されると歯ぎしりが緩和されることもあるので、リラックスした生活を心がけてくださいね。

 

インプラントの負担やほかの歯を守るためにも、ナイトガードの夜間使用を習慣化しましょう。

 

 

 

 
 
 
インプラント専門サイトはこちら
https://www.with-dc.com/implant/
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
https://www.with-dc.com/
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

Pagetop