【右上1番 歯根破折歯の抜歯即時インプラント】

【右上1番 歯根破折歯の抜歯即時インプラント】

こんにちは

柏・南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニックの歯科医師 佐藤です。

 

今回は、差し歯の根っこが割れてしまい保存不可能になった歯に対するインプラント手術法の1つである、抜歯即時インプラント法について紹介したいと思います。

 

抜歯即時インプラントとは、歯を抜いたことによって出来た穴にそのままインプラント埋入手術を行う方法です。メリットとして、インプラント治療を行うにあたっての治療期間の短縮と、インプラントを埋入する歯槽骨の保存が挙げられます。注意点としては歯を抜くときに周囲の歯周組織を傷つけないよう細心の注意を払わなければならない事と、顎骨の治癒を予測し、精密なプランニングによるインプラント埋入が必要になることが挙げられます。

 

 

 

今回、私が担当させていただいた患者様の主訴は前歯が折れたということでした。診させていただいたところ、歯の折れた部分が深く、保存して差し歯をもう一度作ることが不可能な状況でした。また、両隣の歯が交差咬合と呼ばれる前後方向の咬合関係の異常が認められました。

インプラント以外にブリッジもしくは入れ歯という治療法もあったのですが、ブリッジによる治療の場合は交差咬合と呼ばれる状況だったので、土台とする歯の平行性が保てない為、歯の神経の治療が必要になることと、健全な歯を大きく削るというデメリットがありました。入れ歯による治療は金属のバネが見えてしまう審美的なデメリットがあったため、今回はインプラントによる治療を行いました。

 

今回もCT撮影し、正確な位置にインプラントを埋入するためのプランニングと、プランニングした位置により精密にインプラントを埋入するためのサージカルガイドの作製を行いました。

 

 

 

抜歯即時インプラントの治療法として周囲の歯周組織にダメージを与えず歯を抜くために、従来使用している抜歯器具は使用せず、ワイヤーで直接牽引して抜歯を行う器具を使用しました。この器具は歯周組織への侵襲を最小限に抑えることができるため、抜歯後の治癒、インプラントの固定・審美性などに大変メリットのある新感覚の抜歯器具です。

歯を抜いた後は歯茎の切開等は行わず、サージカルガイドを使用し、インプラント埋入を行いました。歯を抜いた穴とインプラントの大きさはもちろん違いますので隙間ができます。その隙間は増骨材を使用し、早く骨に置き換わり、骨の減少量が最小限になるように処置をしました。

 

 

 

今回は治療期間中の審美性の回復として隣の歯にダミーの仮歯を接着したのですが、交差咬合というリスクはありますが、インプラント埋入による初期固定がしっかりと取れていたので、埋入と同時にインプラントに仮歯をつける即時荷重と呼ばれる処置を行ったほうが、歯肉の形態や審美性の回復には良かったのではないかと考えられます。

 

今回の治療計画として患者様の治療期間という大きな負担を軽減できたのですが、さらに抜歯即時埋入即時加圧インプラントも治療計画として採用できたのではないかという課題も見つかりました。これからもっと精進し、皆様に最良の歯科医療を提供していきたいと思います。

特に前歯は見た目に大きく影響しますし、歯がない状態は簡単に容認できません。もし、歯を抜かなければならなくなっても、しっかりとその後の治療法や治療期間中のストレスを無くすために相談するようにして下さい。

 
インプラント専門サイトはこちら
https://www.with-dc.com/implant/
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
https://www.with-dc.com/
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

Pagetop