切らないフラップレスインプラントの痛みはどれくらい?

切らないフラップレスインプラントの痛みはどれくらい?

こんにちは。

千葉県柏市にあるイオンモール柏の国道6号線向かいの歯医者、ウィズ歯科クリニックです。

 

フラップレスインプラントは、歯茎を切らないインプラント手術法です。

歯茎を切らないので、痛みや腫れ、出血が非常に少ないといわれている手術です。

それではそんなフラップレスインプラントの痛みの程度はどの位なのか詳しくご紹介します。

 

 

 

【フラップレスインプラントとは?】

 

通常のインプラント手術はメスを使って歯茎を切開して、骨から剥離したあとに、骨にドリルで4mm前後の小さな穴を開けてインプラントを埋入します。

千葉県柏市のウィズ歯科クリニックで行っているフラップレスインプラントの場合は、SMOP と呼ばれるサージカルガイドを使用し、パンチなどで歯茎に穴を開けて、その部分にインプラントを埋入します。

 

歯茎を切開しないので、縫合も必要ありません。痛みも出にくく、手術時間も短いのが特徴です。

 

 

 

【フラップレスインプラントの痛みの程度は?】

 

インプラント手術において、痛みや腫れは主に切開・剥離をすることで起こります。

フラップレスインプラントは『歯茎を切らない』『メスを使用しない』『歯茎を縫わない』ので痛みが出にくく、痛みが気になってインプラント手術をためらっている方にもおすすめの治療法です。

 

インプラント手術はインプラントを埋め込んで歯茎の中で定着を待つ2回法と、インプラント手術をしてその部分にヒーリングキャップをして定着を待つ1回法があります。

フラップレスインプラントはインプラントにヒーリングキャップをして待つ1回法なので、歯茎に再度、メスなどを使って穴を開ける二回目の手術の必要がなく、その痛みや治癒を待つ時間がかかりません。

 

 

痛みが出るケースとしてインプラントを埋入する際のドリリングする時のドリルの熱や、インプラントを埋入する時の圧でまれに痛みが出ることが考えられます。

対策としてドリリングをする時に十分に注水を行うことや、よく切れるドリルを使用することで熱を抑えることができます。

また、インプラントを埋入する時に埋入圧が高いときは逆回転させて圧を逃し、最終的に圧がかかりすぎないようにします。

 

 

 

・痛み止め

インプラント手術が始まる前に痛み止めを1錠飲んでいただきますが、この痛み止めで術直後の痛みをコントロールします。その後は痛みがでたとしても1~2回程度服用してもらうと痛みが落ち着くことがほとんどです。

 

 

 

フラップレスインプラントは多くの痛みの原因になる歯茎の切開・剥離・縫合がありません。

そのため、痛みを最小限に抑えることができて手術時間も短縮できます。

また、痛みが出そうなケースに対しても、対処することで痛みを回避できます。

 

 

インプラント手術の痛みで躊躇されている方でもフラップレスインプラントは負担の少ない手術方法なので、インプラントを検討されている方はお気軽にご相談ください。

 

 
 
インプラント専門サイトはこちら
https://www.with-dc.com/implant/
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
https://www.with-dc.com/
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

Pagetop