柏市の歯医者|ウィズ歯科クリニック HOME > 失った歯を取り戻したい インプラント

歯を失った場合の治療法

歯を失った場合

何かの理由で歯を失ってしまった場合にそのまま放置してはいませんか? 抜けたまま放っておくと空いたところに他の歯が移動したり咬み合う歯が伸びたりして、咬み合わせを乱したりすることがあります。そうなると、歯みがきのしにくさから虫歯や歯周病を招きやすくなるなど悪影響がおよぶことも……。もちろん見た目も悪くなります。そのため、早めの治療がお勧めです。

失った歯を補う方法「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」

歯を失った場合、当院では次の3つの治療法をご提案しています。

インプラント
インプラント
歯が抜けた部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に天然の歯と変わらないセラミック製の人工歯を被せる治療です。まるで自分の歯のようにしっかり咬め、食事がおいしくいただけます。

当院のインプラントについて
入れ歯
入れ歯
一番ポピュラーな治療法です。治療期間が短く、特別な手術も必要ありません。従来は「見た目が気になる」「違和感がある」という声も聞かれましたが、最近では見た目・機能ともに改善した入れ歯も登場しています。

当院の入れ歯について
ブリッジ
ブリッジ
抜けた歯の両隣の歯を削って、その上に連なった被せ物を被せる治療法です。固定式なので違和感がなく、咬みやすいのが特徴です。ただし、周囲の歯に負担をかけるというデメリットがあります。

当院のインプラントの特徴

当院では、安心してインプラント治療を受けていただくために、次のような取り組みを行っています。

フラップレス手術

切らない、メスを使わないインプラント治療フラップレスインプラント

メスを使わない治療法
メスを使わない治療法

フラップレスインプラントとは・・・
歯肉を切開せずにインプラントを埋め込む術式です。

歯肉に必要最小限の穴を開けて埋入窩の形成を行い、
インプラントを埋入していきます。
メスや縫合等はまったく使用しないため、出血や
痛み、施術時間を抑えられるなど、患者様の負担を
大幅に軽減しています。

インプラント治療に興味はあるけれど、出血や腫れ、歯肉を切開するなど「手術には抵抗がある」という方には、『切らないインプラント治療・フラップレスインプラント』をオススメします。

一般的なインプラント手術と、フラップレスインプラント手術の違い
一般的なインプラント手術 フラップレスインプラント手術

メスで切開する

歯肉をメスで切開し、骨を露出させ、インプラント埋入後に縫合を行います。1週間後には抜糸も必要になります。

メスで切開しないから負担が少ない

歯肉に必要最小限の小さな穴を開け、インプラントの埋入を行います。抜糸等の必要もありません。

術者の手による埋入

術前にCT上でシミュレーションを行いますが、術者の手技による影響も大きく、多少のズレが生じます。

コンピューターによる精密な埋入

CT上でシミュレーション後にCADCAMによりガイドを作成します。それによりシミュレーション通りの位置への精確な埋入が可能となりました。

フラップレスインプラント手術の流れ

1. 歯肉に小さな穴を開けます。
2. 歯肉に開けた穴から埋入窩を形成し、インプラントを埋入します。
3. インプラントに暫間的なキャップを取り付けます。

フラップレスインプラント手術の流れ1
フラップレスインプラント手術の流れ2
フラップレスインプラント手術の流れ3
フラップレスインプラント手術によるメリット

・治療時間・回数を短縮することができる。
・出血や腫れ、痛みが大幅に軽減される。
・切開の必要がないため、傷の治りが圧倒的に早い。
・シミュレーション通りの精確な位置への埋入ができる。

《注意点》
口腔内の状態や、骨質・骨量により、フラップレス手術が困難な場合がございます。
まずは当院の担当ドクターにご相談ください。

フラップレスインプラント手術を可能にする設備
フラップレスインプラント手術を可能にする設備

フラップレスインプラント手術を行うには、CT撮影による精密検査や、精確なコンピューターシミュレーションが不可欠です。
当院では、三次元の立体画像による診断が可能な、歯科用CTを用いて精密な診断を行います。

※フラップレスインプラントは顎の骨に適度な幅が必要です。診断機器と経験がある歯科医師にご相談ください。

フラップレスインプラント手術を可能にする設備

当院では「SMOP」というガイドシステムを導入しています。
CADCAMによりガイドが作成されるため、CTでのシミュレーションを高精度に口腔内で再現することが可能となりました。
人間の手よりも精確にインプラントを埋入することができ、患者様の負担軽減だけでなく手術の精度向上にもつながっています。

インプラント治療に痛みはあるの?

インプラント治療を受けるにあたり、気になることの一つとして「治療中の痛み」や「術後の痛み」がある方も多いと思います。

フラップレスインプラント治療には、ほとんど痛みはありません。抜歯をした事のある方も多いと思いますが、実際にフラップレスインプラント治療を受ける患者さんの感覚としては、抜歯よりも楽で、外科的な負担もほとんどありません。
敢えて、痛みを挙げるとすれば、麻酔の注射のチクリとした感覚です。

術後の痛みは、抜歯後の痛みよりも軽いと言われる方が多く、通常はあまり痛みを感じることは少ないようです。痛みが出ても、鎮痛剤で対処できる程度がほとんどですのでご安心ください。

術後は、処方したお薬をきちんと飲み、飲酒・喫煙は控えていただきます。骨とインプラントの結合を阻害してしまうことがあります。

まずはあなたにとってベストな治療を一緒に考えていきます。小さなことでも、お気軽にご相談ください。

静脈内麻酔

静脈内麻酔とは、催眠鎮静導入剤を少量投与した点滴を静脈内に打つことにより、眠っているようなリラックスした状態にする麻酔法です。恐怖や不安のない状態で手術を受けることができます。また、手術後には手術中の記憶などはほとんど残りません(完全に意識がなくなるわけではないため、全身麻酔より回復が早いのも特徴です)。

当院では、ご希望の患者様に静脈内麻酔を行っています。外部から専門の医師を招いて行いますので、ご安心ください。

特殊な治療法

当院では、オールオン4、オーバーデンチャー、ミニインプラント、ショートインプラント、抜歯即時、ソケットリフト、GBRなど特殊な治療にも対応しております。他の医院でインプラント治療を断られた方も、ぜひご相談ください。

歯科用CTによる診査・診断が可能

安心・安全なインプラント治療のために最も重要なことは、「正確な術前検査・診断」と「綿密な手術プラン」そして「シミュレーションに基づいた治療」です。そのため、今や歯科用CTはインプラント治療になくてはならないものになりました。

当院では、術前検査時に歯科用CTで該当箇所の撮影を行い、口腔内の様子を正確に把握します。3次元立体画像を使い、様々な角度からインプラントの埋入をシミュレーションすることが可能になりました。これにより患者様一人ひとりに最適なインプラント治療を実現できるのです。

歯科用CTの詳細はこちら

インプラント 料金表

インプラント フィクスチャー 190,000円
アバットメント(チタン) 50,000円
アバットメント(ジルコニア) 80,000円
上部構造(STセラミック) 160,000円
上部構造(ジルコニア) 120,000円
上部構造(メタルボンド) 90,000円
上部構造(ハイブリッドセラミック) 60,000円
上部構造(ゴールド) 90,000円
オプション ソケットリフト 50,000円
サイナスリフト 200,000円
GBR 50,000~100,000円
静脈内鎮静 60,000円
サージガイド 40,000円
CT撮影、シミュレーション 無料

※料金はすべて税抜表示です。

各種お支払方法

  • オンライン診療予約
  • メールでのお問い合わせ

Pagetop