インプラントコラムインプラント関連情報を積極的に発信しています

インプラントと静脈内鎮静法 

千葉県柏市の歯医者、ウィズ歯科クリニックです。

 

インプラントの治療をする際には、通常抜歯などで行われる『局所麻酔』により除痛を行います。

この局所麻酔を行うことでほとんど痛みを感じることなく治療ができますが、意識があるので、歯科治療に対する緊張や不安までは取り除くことができません。

 

 

 

インプラントの不安や緊張を軽減するために『静脈内鎮静法』という麻酔法を選択して頂くこともできます。

 

そこで今回は静脈内鎮静法について詳しくご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

 

【静脈内鎮静法とは?】

 

 

静脈内鎮静法は点滴で鎮静剤を投与しますが、完全に意識を失うわけではなく、少しほろ酔いの状態でインプラント治療を行うことができ、『うとうと眠っているような感覚になってあっという間に終わった』という患者様がほとんどでインプラント中の不安や緊張を軽減できます。

 

 

専門の麻酔科医が施術を行い、施術中も専門医がしっかりモニタリングしておりますので安心です。

 

あごの骨が少なく、骨造成の治療も行う場合には治療に時間もかかるので、リラックスした状態で治療を受けることができる静脈内鎮静法はおすすめです。

 

 

【静脈内鎮静法の流れ】

1、点滴を開始

最初に腕の静脈に点滴をします。

点滴の痛みを完全になくすことは難しいのですが、駐車も細い針を使用してできるだけ痛みを最小限に抑えるようにしています。

2、局所麻酔をします

静脈内鎮静法には痛みを取り除く麻酔の効果はないので、局所麻酔を行い痛みがないようにします。

麻酔を行い、手術が始まったらモニターをつけて体調の変化がないか確認していきます。心拍や血圧などのデータをリアルタイムで測るので、万が一患者さんの体調が急変してもすぐに対処できるようになっています。

 

 

【静脈内鎮静法の注意】

手術を受ける際には、体調を管理するためにモニターをつけるので、マニュキュアを落としていただくようにお願いしています。

手術直後は眠気やふらつきが落ち着くまで30分~1時間ほどクリニックで休んでいただくようにしています。

 

また、術後の注意としては、全身麻酔と違うのでその日のうちに帰宅ができますが、車や自転車の運転は避けるようにしましょう。

 

 

静脈内鎮静法は不安やストレスを軽減できるのでインプラントに対して恐怖心がある方や持病がある方におすすめの方法です。

 

できるだけ患者様のご希望に沿えるように麻酔の選択肢もあるので、気になったことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 
インプラント専門サイトはこちら
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』