セカンドオピニオン不安を解消し、納得して治療を受けていただけます

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、別の医師から診断結果や治療方針・方法についての意見を求めることです。
同じインプラント治療であっても、医院毎で対応できる治療範囲、内容に差があります。
当院では、インプラント治療をご検討中の患者様を対象に、セカンドオピニオンを実施しております。
インプラント治療について、提案された治療方法のほかにどのような選択肢があるかを知ることは、患者様にとって最適で安心できる治療を見つける手助けになると思いますので、是非当院でのセカンドオピニオンをご活用ください。

よくあるご質問~セカンドオピニオンQ&A~

Q セカンドオピニオンの料金は?
A インプラント治療に関するセカンドオピニオンは無料です。問診、口腔内検査、レントゲン検査、カウンセリング、見積もり等ご希望に沿って行っております。また相談をしたからといって治療を受けなければならないということもございません。
Q 他の医院の治療費は適切か?
A インプラントのメーカーや上部構造の種類、骨の状態によって費用が変わってきます。当院では十分にご説明させていただいた上で何パターンかの見積もりをお渡しすることも可能です。
Q ほかの治療方法はないか?
A 歯が欠損した場合にはブリッジ、入れ歯、インプラント、歯牙移植が主たる治療方法となります。お口の状況や予算に合わせて治療方法をご提案しております。
Q 他院でインプラントは出来ないと言われたことがあるが大丈夫か?
A インプラント治療ができない理由として多いのはインプラントを埋入するための骨が足りないという事です。これは治療技術の問題になりますが、当院では骨を造成したりオールオン4など様々な治療法によってほとんどの症例でインプラント治療を行う事が可能です。
Q 他院で抜歯と言われたが本当に残せないか?
A 当院では様々な治療オプションを用いて歯の保存に努めておりますので、抜歯前提でインプラント相談で来院されて歯が保存出来た症例もございます。歯の状態によっては適切な処置を行えば保存出来る方もいますし、無理に保存しても長持ちしない場合にはその旨ご説明させていただいた上で治療方法を検討していただいております。
Q 今通っている歯医者ではインプラントをやっていなのでインプラント治療のみ依頼することは可能か?
A かかりつけの医院がある場合ではインプラント治療のみ行うことも可能です。
Q インプラントをしてもらった歯医者が廃院になったためそちらでメンテナンスをしてもらえますか?
A 他院で行ったインプラントを含めたお口全体のメンテナンスも保険にて行っております。また他社インプラントメーカーのトラブルにも対応しております。
Q 保証はどうなっているのか?
A 当院ではインプラント体が10年、上部構造が5年の保証が付いております。
Q もっと短期間で治療を終わらせられないか?
A インプラントの種類によっては従来の半分の期間で骨と結合するものもございます。また抜歯即時埋入を併用することで治療期間を短縮する事も可能です。
Q インプラント治療の痛みはどれくらいか?
A 外科的な侵襲の大きさにもよりますが通常は痛み止めの内服で抑えられる程度です。期間としては当日から長くて1週間ほどで落ち着いてくることがほとんどです。切らないインプラント治療ですと痛み止めを飲まないあるいは当日のみ飲まれるという方が多いです。
Q インプラント手術が怖いです。
A 当院でインプラント治療を行う患者様の多くは初めての方で、手術に対する恐怖心を持った方もいらっしゃいます。そのためサージカルガイドを用いた切らないインプラント治療にて短時間、低侵襲な手術を行う、または麻酔科医によって眠っている間に手術が終わってしまう静脈内鎮静法を併用することで患者様の肉体的、精神的負担を可能な限り抑えるようにしております。
Q インプラントの手術時間はどれくらいか?
A 切らないインプラント治療ですと1本10分程度、通常のインプラント手術で1本15~20分程度、抜歯即時埋入手術で30~40分程度、骨造成手術はボリュームによって30~90分程度となります。いずれも日帰り手術となります。

セカンドオピニオンのメリット

Merit.01

別の治療法などの意見が聞ける

Merit.01 別の治療法などの意見が聞ける

現在の歯科医院では行っていない治療もあります。基本的な治療はどこもほぼ同じですが、インプラントなどの治療になると、設備や、素材、器具などが無い場合もあります。

セカンドオピニオンを受けることで、現在提案された治療だけではなく、他の治療法を知ることができます。また、歯科医師によっても考え方が違うこともあるので、他の意見を聞くこともできます。

Merit.02

納得して治療に臨める

Merit.02 納得して治療に臨める

セカンドオピニオンとして相談した歯科医師の意見が、現在の歯科医師と同じ場合、異なる場合があります。
どちらの治療方法が自分にあっているか検討したうえで治療を進めることが出来るので、納得して治療に臨むことができます。

セカンドオピニオンのデメリット

Demerit.01

セカンドオピニオンが
有効ではない場合もある

Demerit.01 セカンドオピニオンが有効ではない場合もある

セカンドオピニオンを依頼した先生の説明がわかりにくかったり、質問しても理解しづらかったりする可能性もあります。
例えば現在と180度違った診断だったり、様々なことを説明され、逆に混乱してしまうケースもあります。
また現在の診断(ファーストオピニオン)と変わらなかった場合は、「費用や時間、手間だけがかかり無駄だった」と感じる場合もあります。ただそれによって納得できたのならセカンドオピニオンを受けた価値があります。

Demerit.02

診療費用が自費負担の場合がある

Demerit.02 診療費用が自費負担の場合がある

セカンドオピニオンは「診断」ではなく「相談」となるため、健康保険などの対象ではありません。
そのため自由診療になりますので全額自己負担になり、通常の診療よりも料金が高くなります。

医院によって料金は異なりますが、当院では無料相談という形で対応させて頂いております。