インプラントコラムインプラント関連情報を積極的に発信しています

インプラント手術後の過ごし方

千葉県柏市の歯医者、ウィズ歯科クリニックです。

インプラント手術が終わった後どの様に過ごすか気になることもたくさんあると思います。
インプラントが顎の骨に定着するまでの期間はインプラントを今後長く使い続けるために大切な期間です。

それではインプラント手術後の過ごし方について詳しくご紹介します。

【インプラント手術後に気をつけること】

・激しい運動・入浴を控える
インプラント手術直後は血流が良くなりすぎることをすると、腫れや傷口の治りに影響を与えてしまいます。インプラント手術直後は激しい運動は控え、熱いお風呂は避けてシャワーで汗を流す程度にしておきましょう。

・飲酒を控える
アルコールは血管を収縮させる事や、傷口の炎症に影響を与えることがあるので、手術後1週間程度は控えておくことをおすすめしています。

・喫煙を控える
タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあり、顎の骨とインプラントの定着に影響を与えてしまうことがあります。
喫煙はインプラントや歯周病にも大きく関係しています。身体の健康のためにも禁煙をおすすめしています。

・歯磨きについて
お口の中の汚れをしっかりと除去してインプラント周囲炎を防ぐことが大切です。
ただ、インプラント手術直後は縫合はしていますが、傷口が完全にふさがっていません。
そのため抜糸するまでは傷口に歯ブラシが当たらない様に気をつけましょう。

【インプラント手術後の食事について】

・インプラント手術直後
インプラント手術が終わったばかりの時は、麻酔が効いています。
麻酔が効いた状態だと、感覚がなく熱いものでやけどをしてしまうことや頬をかんでしまうことがあるので麻酔がきれてから食事しましょう。

インプラント手術直後はまだ顎の骨とインプラントが定着していない状態なので、柔らかい食べ物から徐々にスタートしましょう。
おかゆやスープなどあまりかまずに食べられるものから始めて慣れていくと良いですね。
片方だけインプラント手術している場合には反対側でかむようにして傷口に負担がかからない様にしましょう。

・インプラント手術から数日後
インプラント手術後3日目ほどから少しずつ慣らしていきますが、小さく切ったりして食べやすい工夫をしましょう。
また、辛いものなどの刺激物やキャラメルやおもちの様にベトベトとくっつきやすい食べ物も控えましょう

インプラント治療は初期固定される最初の1か月間をどう過ごすかが大切になります。
長く良い状態で使い続けるために食事や歯磨きなど手術後に気をつけることをしっかり守りましょう。

フラップレスインプラントは切開や縫合がなく傷の治りが良いので食事などで大きな制約が少ないです。
そのため通常のインプラント手術より早くに普段通りの食事をすることができます。

インプラント専門サイトはこちら
https://www.with-dc.com/implant/
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
https://www.with-dc.com/
04-7145-0002

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』