フラップレスインプラント切らないから、痛くない・回復が早い手術です

歯肉の切開や剥離をせずに治療します

通常のインプラント埋入手術は、人工歯根を顎の骨に埋め込むために、
まず歯肉を切開・剥離してから骨に穴をあけ、インプラントを埋め込みます。
しかし歯肉を切開・剥離しないで治療する方法があります。それが、フラップレスインプラントです。

インプラント治療に力を入れている、千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」ではフラップレスインプラントに対応します。

フラップレスインプラントとは?

フラップレスインプラントとは?

歯肉の切開や剥離をせずに小さな穴をあけてインプラントを埋入するシステムです。メスを使った歯肉切開をしないので縫合も不要で、腫れや出血そして痛みが少なく、治癒期間が短いのが特徴です。

フラップレスインプラントのメリット

Merit.01

歯肉の切開が不要

歯肉の切開が不要
歯肉の切開がないので出血が少なく、手術後の痛みや腫れを大幅に軽減できるうえ、歯肉の縫合も不要で治癒が早めです。

Merit.02

手術の精度が高まる

手術の精度が高まる
CT撮影とシミュレーションで、精密な治療計画が立てられます。またシミュレーションにより作製したサージカルガイドの使用により、通常の手術では1本のインプラント埋入のために30分かかるところを、10分程度で治療でき、2本の場合では15分程度で手術を終えられます。

Merit.03

当日の仮歯装着が可能

当日の仮歯装着が可能
顎の骨の状態がよく、十分な強度の初期固定ができれば、手術当日に仮歯の装着が可能です。

当日は激しい運動や血行の良くなる事は控えていただきますが、翌日以降は特に日常生活への制限はありません。
腫れが出ることも稀なので、お仕事などにも影響はほとんどありません。
これもフラップレスインプラントの大きなメリットの一つです。

フラップレスインプラントが適している方

インプラントを埋入できるだけの骨のボリュームがある方はフラップレスインプラントが可能です。抜歯して間もない部位や、抜歯後数年経過した臼歯部の大半は適応になることが多いです。

フラップレスインプラントのデメリット

  • フラップレスインプラントを行うための設備や技術を備えた医院を選ばなければ治療を受けられません
  • 顎の骨が足りない場合にはフラップレスインプラント治療はできません

フラップレスインプラントのリスク

フラップレスインプラントのリスク

歯肉の切開や剥離をしないので骨を目視しながらの手術ができません。ただし、治療計画に沿って診断した位置や深さに正確に施術を行えるように、歯科用CTのスキャンデータをもとにサージカルガイドを作製するので、目視をしなくても通常のインプラント手術よりもむしろ精確に、リスクを最小限に抑え、そしてより簡単に手術ができます。

フラップレスインプラント治療の流れ

Step.01 審査・診断

Step.01審査・診断

プラップレス治療が可能かどうかをCT等を用いて診断します。患者様にご説明、同意を得てからサージカルガイドを作製し治療開始です。

Step.02 麻酔

Step.02麻酔

最初に治療部位の局所麻酔を行います。まず表面麻酔を使用し、体温に近い温度まで温めた麻酔薬を使用することで痛みを極限まで抑えます。

Step.03 ドリリング

Step.03ドリリング

ガイドに沿ってまっすぐ穴をあけます。麻酔をしているので痛みはありません。インプラントが入る大きさに穴を整えます。

Step.04 インプラント埋入

Step.04インプラント埋入

インプラントを埋入します。骨面とインプラントが一致して、歯肉から2~3mm程度入った状態になります。

Step.05 キャップ装着

Step.05キャップ装着

歯肉が穴に入り込んでしまわないようにキャップを装着します。ここで埋入手術は終了です。歯肉を切開しないので、縫合も抜糸もありません。

サージカルガイド製作の流れ

サージカルガイド製作の流れ

フラップレスインプラント手術をより精確に、より手際よく行うために使用するのがサージカルガイドです。作製の際には、まず歯科用CTなどで得た患者様の歯や骨のデータ一式を製作ラボへ送付します。そして製作ラボが模型とCTスキャンデータをマッチングさせ、インプラントを仮置きし、その状態の画像を当院のドクターが確認します。インプラントのサイズや位置の最終調整を担当ドクターが行い、さらに複数のドクターによるチェックを完了してから製作ラボへ作製を依頼します。その後、サージカルガイドが高性能な3Dプリンターで作製されるのです。材料は、細胞への毒性がないうえ、長時間のエタノール浸漬消毒に耐える材料ですので安心です。

院長のインプラントに対する考え

院長のインプラントに対する考え

インプラント治療は、健康的な口腔環境の保持をサポートする治療法です。それはまわりの歯に負担がかからないうえ、顎の骨が吸収されてしまうのを抑制する効果があるからです。失った歯を補うための他の治療法は、手術をともなわないので比較的簡単に感じるかもしれません。しかし、長期的な観点から見たとき、そのときは簡単な治療ですが、まわりの歯には過度の負担をかけてしまい、お口全体の健康が損なわれやすく、将来受ける治療を考えれば、インプラント治療が末長いお口の健康サポートにつながる治療だといえるのです。丁寧なカウンセリングで詳しくご説明しますので、疑問や不安がある方はお気軽にご相談ください。

その他にもさまざまなインプラント技術に対応します

インプラント治療は比較的新しい治療システムですので、歯科医療の進歩にともないさまざまな技術が開発されています。当院では通常のインプラント治療システムだけでなく、抜歯即時埋入インプラントGBR法にも対応しています。

Pick up! インプラント保証

当院で行ったインプラント治療の場合、以下の保証期間内であれば100%無料で再治療にて対応します。
インプラントフィクスチャー:10年 
上部構造:5年