インプラントを長持ちさせるために

千葉県柏市の歯医者、ウィズ歯科クリニックです。

インプラントでしっかりとかむことができるようになったらできるだけ良い状態で長持ちさせたいですよね。

インプラントはかみ合わせと定期的なプロケア、毎日のセルフケアが大切になってきます。

そこで今回はインプラントを長持ちさせるために必要なことについてご紹介します。

 

【かみ合わせを大切に】

 

インプラントは天然歯と違う大きな特徴が『歯根膜』というクッションの役割をする部分がないことです。

天然歯には歯根膜があることで、かむとほんの少し動き、かみ合わせの力を逃がす役割をしています。

そのおかげであごの骨や歯に過剰な力がかかりすぎるのを防いでいます。

 

一方インプラントはこの歯根膜がなく、あごの骨に直接インプラントと結合(オステオインテグレーション)しているのでかみ合わせの力がダイレクトに力がかかります。

 

そのため、緻密なかみ合わせの調整が必要になってきます。

また、普段から寝ている間の歯ぎしりなどでかみ合わせに強い力がかかってしまうくせがある場合には寝る時にナイトガードを使って力のコントロールが重要です。

 

 

【定期的なケアが重要】

 

インプラントはかみ合わせが重要なお話をさせていただきましたが、お口の中のかみ合わせは少しずつ変わることがあります。

インプラントのかみ合わせや、不具合が起きそうなところがないかを確認します。

インプラントは不具合が起きる前に対処することで、長持ちさせることができるので定期的なプロケアが大切です。

 

また、インプラントは汚れが付いたままになってしまうとトラブルの原因になる『インプラント周囲炎』になるリスクが高くなります。

 

その様な状態になる前に定期的なプロケアでしっかりクリーニングをしてお口の中の状態を整えます。

 

また、汚れが付いている場合にはその部分の磨き方を確認して自宅でのケアに役立てていただきます。

 

 

【毎日のケアが重要】

 

定期検診でクリーニングをしても毎日のケアが不十分では汚れがついてインプラント周囲炎のリスクになります。

そのため、毎日の歯磨きをしっかり行うことが大切です。

特に歯茎の境目や歯と歯の間に汚れが着きやすいので細かく歯ブラシを当てる様にしましょう。

歯ブラシだけでは汚れが落としきれない部分は歯間ブラシやデンタルフロスを併用して汚れを落としましょう。

 

インプラントを長持ちさせるためには緻密にかみ合わせを調整する必要があります。

また汚れに対するケアも大切でこの2つをしっかり行うことでインプラント寿命を長くすることができます。

 

インプラント専門サイトはこちら
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』