【右下6番の歯根破折部の抜歯後にインプラント治療を行った症例】

こんにちは。

柏・南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニックの歯科医師 佐藤です。

今回は右下の奥歯が折れてしまった症例についてご紹介したいと思います。

 

 

 

患者様はずっと3ヶ月毎の定期検診で来院されていたのですが、歯茎の腫れと歯周ポケットが確認された為、レントゲンを撮影したところ歯根の破折が確認されました。

 今回、歯根が破折した原因として歯の神経の治療を行なっていた事により歯が硬く、脆くなっており金属の土台が短かった為、応力が集中してしまったという事が挙げられます。

 

歯根が縦に折れてしまった今回の様なケースでは歯の保存は不可能だった為、抜歯を行い抜いた歯を欠損補綴で補う治療を行います。

欠損補綴の選択肢としてはブリッジ・入れ歯・インプラントという治療法があります。

ブリッジは両隣の歯を削って行う治療法でしっかり噛めるというメリットがありますが、両隣の歯を削らないといけない、残っている歯に負担がかかるというデメリットがあります。

取り外しできる装置を使う入れ歯治療は両隣の歯を殆ど削らないというメリットがありますが、毎日取り外して洗わないといけない、しっかりと噛めないというデメリットがあります。

インプラントは人工歯根を埋入する治療法で、しっかり噛める、隣の歯を傷つけないというメリットがありますが保険適用外の治療になる為高額になるというデメリットがあります。

 

患者様にこの3つの治療法を説明したところインプラント治療を選択されました。

 

今回のインプラント治療では保存不可能な歯を抜歯し、歯茎や骨の治癒を3ヶ月待ちます。歯茎等が回復した後にCT撮影を行ったところ、骨の再生は良好で神経までの距離が十分にあることが確認出来ました。患者様と相談してサージカルガイドを使用し歯茎を切らない手術法(フラップレスインプラント )で行うことになりました。手術後、レントゲン撮影を行い適切な位置にインプラントを埋入した事が確認出来ました。これからインプラントが骨としっかり結合するのを3ヶ月待ち、土台となるアバットメントと上部構造の型取りを行う予定です。

 

 

 

後日消毒にいらっしゃった時、術後の腫れや痛みはほとんどみられず、痛み止めも当日のみの服用だったと仰っていました。

 

今回のケースは抜歯に至った歯のみ神経の治療がなされており、その為歯が脆くなっていたのが原因と考えられます。神経を残すのが大事だという事を再度痛感できた症例でした。

これからも歯を残す治療・神経を残す治療を全力で行い患者様の負担を最小限にできる様技術と知識の研鑽に努めたいと思います。

 

 

インプラント専門サイトはこちら
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』