『豆知識』要注意乳歯

こんにちは!

イオンモール柏正面にある柏、南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニックの岡井です。
 
 
今回は『要注意乳歯』についてお話ししていきます。
 
最近、学校の歯科検診で要注意乳歯を指摘されて来院される患者様が増えて来ました。
 
 
 
 
そもそも、皆さんは『要注意乳歯』とは何かご存知ですか?
 
 
虫歯かな?と勘違いされる方もいらっしゃるのですが、
 
『要注意乳歯』とは・・・乳歯の後ろから永久歯が生えてきてる状態のことで、今後生えてくる永久歯の歯並びに影響を与えようとしてる乳歯のことなんです。
 
 
この要注意乳歯を虫歯じゃないから大丈夫!と思われる方も中にはいらっしゃるかもしれません。
 
 
しかし、要注意乳歯を放っておいたらどうなると思いますか?
 
 
 
それは、乳歯が邪魔をし、永久歯がなかなか上手にでてこれず、横にずれたり、乳歯の後ろから生えてきたりとお子様の永久歯の歯並びに大きく影響してきたり、歯並びだけではなく、歯みがきがしづらく虫歯になってしまうこともあるんです。
 
 
この要注意乳歯を抜くことで歯みがきがしやすく、後ろから生えてきてしまった永久歯も少しずつ舌に押されて自然と前にでてくることもあります。
しかし、要注意乳歯を抜かずにいると、永久歯の根っこがしっかりしてきて、乳歯を抜いても永久歯はその場所から動きづらくなってきてしまいます。
 
 
 
永久歯が生えてきてるのに乳歯が全然グラグラしてないときは生え替わりが困難な場合が多いです。
 
 
そんなときは、歯医者を受診してレントゲン検査をしてみましょう!
レントゲンを撮ることで自然に抜けるまで待っても問題ないのか、すぐに抜いた方がいいのか判断ができます。
 
 
また、乳歯が抜けて時間がたつけど永久歯が全然生えてこない!というときも、ご相談ください!
 
お子様の負担や痛みも最小限におさえ治療していきます。
 
 
 
ここまで、『要注意乳歯』について良くないことばかり書いてきましたが、要注意乳歯を指摘されたからと言って必ずしも抜かないといけないということでもありません。
 
乳歯が自然に抜けるのを待っても問題ない場合もあります。しかしこの判断は自身でするのではなく、しっかり歯科医院で診断を受けるようにしましょう。
 
 
 
学校検診で『要注意乳歯』を指摘されたら放っておかずに、歯科医院に受診しましょう!
お子様の歯について心配なことがあればいつでもスタッフ、歯科医師にご相談ください。
 
 
皆さまが安心・納得いくまでご説明致します♪お子様の歯を一緒に守っていきましょう!
 
 
 

 

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002