根の先の膿(歯根端切除)

 

保育士による託児サービスのある歯医者、ウィズ歯科クリニックです。

 

今回は他院にて治療をしていたのですが、症状がおさまらず抜歯適応と言われた方です。

 

まずはこちらの写真をご覧下さい。

 

 

レントゲン上で根の先の方に黒い影があり、口腔内写真ではちょうど該当部あたりにおできのようなできものができていました。

 

これは歯根嚢胞と呼ばれています。

 

比較的身近なケースで、

 

「根の先に膿が溜まっているので、根の中のお掃除をしましょう。」

 

と言われて、根管治療を受けられた経験のある方も少なくないと思います。

 

これは、神経が虫歯や外傷により死んでしまうと、まずは神経が通っていた管の中で菌が繁殖していきます。

 

これらの増殖した細菌が根の先の骨に出ていくと、そこに膿の袋ができてしまいます。

 

無症状で経過することが多く、このように腫れてきたり、咬合痛が出たりすることによって気づくことが多いです。

 

通常は根の中の治療(根管治療)からアプローチすれば治癒するケースが多いのです。

 

しかしこのケースでは恐らく感染の期間が長く、さらに外部吸収を起こし歯根が短くなってしまっているため、通常の根管治療のみでは直すことが厳しくなってしまっていました。

 

患者様は強く歯の保存を希望されていたため、外科的なアプローチを選択しました。

 

歯肉を開いて、直接嚢胞にアプローチするのと同時に、根の先に付着した汚れを除去します。

 

 

レントゲンで黒くなっていたところが、白くなってきています。

 

嚢胞があったところに骨が再生してきていることを示します。

 

術後一年弱ですが、歯肉の腫れも引き、歯の動揺もほとんどなくなりました。

 

その他、CR(コンポジットレジン)のやりかえや、ホワイトニング、ウォーキングブリーチ(根管内からのホワイトニング)等も行い、歯の保存だけでなく、審美面でも非常に満足いただけました。

 

 

 

『歯の痛み』はもちろんのこと『ホワイトニング』『インプラント』から『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』など、先端治療と快適な医院空間で幅広い年代層の方に満足していただける医院を創ります。

柏市の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002