【静脈内鎮静下でのインプラントオーバーデンチャーのインプラント埋入オペ】

こんにちは、柏・南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の佐藤です。

今回は入れ歯の安定にインプラントを使用するインプラントオーバーデンチャーの症例についてご紹介したいと思います。

患者様の主訴は咬むたびに上顎のブリッジが動いて硬いものが咬めない、他院でインプラント治療を希望したが残っている骨量が少ないため断られ、当院にセカンドオピニオンで来院しました。

 

口腔内を拝見すると上顎の歯はすべて連結されているにも関わらずかなりの動揺も認められ、レントゲン撮影を行い確認したところ保存不可能な状態でした。

他院でも同様の診断を受け、インプラント治療を希望したところ骨量が少ない為断られたと患者様はおっしゃっていました。

上顎の歯の保存は不可能なため、この症例に対する治療法はインプラントによる治療か総義歯の2つになります。

インプラント治療の選択肢としてフルインプラント・all on6・インプラントオーバーデンチャーがあります。

フルインプラント・all on6の治療法のメリットは取り外しをしなくていい、自分の歯のようにメンテナンスを行えるというメリットがあります。しかし今回の症例においては上顎洞に対してサイナスリフトという骨造成手術が必要になります。

これに対してインプラントオーバーデンチャーの治療法は骨造成手術の必要はありません。デメリットとしては義歯なので毎日取り外して清掃しなければならないこと・他のインプラント治療よりも咀嚼能力が低いことが挙げられます。

 

治療法のメリット・デメリットを説明すると患者様はall on6の治療法を選択しました。

治療計画としてはまず保存不可能な歯の抜歯を行い、歯肉が治癒するまでは総義歯を使用してもらいます。その後歯肉が治癒したらサイナスリフトを行い6か月程待ち、インプラント埋入オペと仮歯の調整を行うという流れで作成しました。

保存不可能な歯の抜歯を行い総義歯装着したところ、患者様は総義歯でも今までの歯がぐらぐらしていた状態よりしっかり咬めるので増骨手術を行わないインプラントオーバーデンチャーで治療していきたいと治療計画の変更を希望されました。

 

当院のインプラントオーバーデンチャーの治療法はインプラントと義歯のアタッチメントで、マグネットを使用する治療法とロケーターを使用する治療法の2つがあります。

マグネットを使用するインプラントオーバーデンチャーのメリットはインプラントに過剰な力が掛からないこと、マグネットの交換は基本必要ないということが挙げられます。

ロケーターを使用するインプラントオーバーデンチャーのメリットはマグネットよりも強い力でインプラントと義歯が固定されるということが挙げられます。

デメリットとして部品の交換が必要になってくる(ランニングコストがかかる)ということがあります。

今回は4本のインプラントを埋入しマグネットアタッチメントを使用することにしました。

 

インプラント埋入オペにはサージカルガイドを使用し精密な埋入を行うと同時に、歯肉への負担を最小限にするようにしました。また、患者様が静脈内鎮静下での治療を希望していたため麻酔専門科医と連携しオペを行いました。

 

 

埋入後に使用している総義歯がインプラントに負荷をかけないように調整を行いオペは終了しました。

インプラントと骨の結合を待ち、6か月経過後に義歯を新製してからマグネットを装着してメンテナンスへ移行していきます。

これからも色々な症例に携わり、患者様の安心・安全な治療を提供できるよう知識と技術の研鑽に努めていきたいと思います。

技術・接遇の追求
患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-000