【失った歯を取り戻すためのインプラント治療】

こんにちは。柏・南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニック歯科医師の佐藤です。

今回は右上の差し歯が折れて保存不可能になった歯をインプラントで補綴治療した症例について紹介したいと思います。

差し歯とは虫歯などで神経の治療が必要になった歯に被せ物を施したものです。

メリットとしては根の部分はご自身の歯が残るので今までと比較的同じ感覚でお食事ができます。デメリットとしては神経を取った歯は栄養供給ができなくなり、次第に固く脆くなっていくので強い力が加わった時に歯の根にヒビが入ったり折れてしまうリスクがあります。

ヒビが入ったり破折した歯は抜歯に至ってしまう可能性が高いです。

今回の患者様は初めて当院にいらしゃった時点でレントゲン上で歯の根の先に病変が確認できていました。

しかし患者様が痛み等の症状の訴えがなかった為、他の部位の治療を先に行なっておりました。

先に親知らずを抜歯し根の治療を行う為に金属の土台を外したところ歯の根が割れていることが確認できました。患者様に保存不可能であること、抜歯後の欠損補綴としてインプラント・入れ歯・延長ブリッジの治療法のメリット・デメリットや治療期間について説明したところインプラントによる治療をご希望されました。

治療の流れとして保存不可能の歯を抜歯し、6ヶ月程治癒を待ちます。

骨の再生を確認できましたので、歯茎を切らない痛みのでにくいフラップレスインプラントを行うためのサージカルガイドの作製、及びそれを用いたインプラント埋入手術を行いました。

インプラント埋入は一般的に一回法という治療法で行い、二度目の手術を行わないで済む最も侵襲が少ない治療法を選択しました。

インプラントが骨としっかり定着するまで6ヶ月待ち、上部構造(人工の歯の部分)作製の為のアバットメントの型取りを行いました。

治療後に患者様からしっかりと噛めるようになって嬉しいというお言葉を頂きました。

このお言葉を胸に日々知識と技術の研鑽を行い精進していく所存です。

技術・接遇の追求
患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002