インプラントの土台ってどんなものなの?アバットメントの種類についてお答えします

千葉県柏市の歯医者、ウィズ歯科クリニックです。

インプラントの土台になる『アバットメント』には歯ぐきの形にぴったりと合ったカスタムアバットメントと既製アバットメントがあります。

アバットメントにはそれぞれ特徴がありますので、詳しくご紹介します。

 

【インプラントの構造】

インプラントの構造は大きく3つに分けられます。

あごの骨に埋め込む人工歯根の『インプラント体』と土台の部分になる『アバットメント』、その上に被せる上部構造の『被せ物』です。

その中で土台となるアバットメントには、既製のアバットメントと患者様にぴったり合わせて作ったカスタムアバットメントがあります。

【既製アバットメント】

既製のアバットメントはすべて同じ形なので、一人一人違う歯肉の形に対応していません。

そのため、アバットメントと歯肉の隙間に汚れが入り込むこともあり、清掃性があまり良くないことがあります。

清掃性が悪くなって汚れがついたままになると、歯茎が退縮してしまう原因にもなります。

歯茎が退縮してしまうと、被せ物との境目ができてしまうので、審美性(見た目)が悪くなってしまうことや更に汚れが着きやすいなどデメリットが多くなります。

また、歯肉の形状にしっかりあっていないと被せ物との隙間からアバットメントが少し見えてしまうこともあり、見た目が気になってしまうこともあります。

【カスタムアバットメント】

カスタムアバットメントは型取りをして、一人一人のお口の中にぴったり合うように作製するので、審美性と清掃性に優れているアバットメントです。

インプラントは噛むという機能面を充実させるのはもちろんですが、見た目も大切なので、カスタムアバットメントの需要は増えてきています。

また、既製のアバットメントは多くの場合がチタン合金なので銀色ですが、カスタムアバットメントはジルコニアの白いアバットメントを選択することもできます。

【アバットメントの素材】

チタン合金

・特徴

生体親和性が優れています。

また、強度が高く、さびない素材です。

・メリット

強度が高いので割れにくい素材です。

 

・デメリット

 金属の素材なので、被せ物とアバットメントを着ける際に金属部分が見えてしまうことがあります。

 

ジルコニア

・特徴

金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がないです。

また、黒ずんだりすることがなく強度も高いです。

・メリット

 見た目が自然で審美性に優れています。

・デメリット

 歯より硬いので、当たる強さの調整をきちんとしないとかみ合わせの部分を痛めることがあります。

インプラントの土台にもいくつか種類があり、カスタムアバットメントにする方がぴったりと合ってメリットも多いので当院ではカスタムアバットメントを使用しています。

技術・接遇の追求
患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002