インプラントを考えているがそもそもなぜ歯を失うのか

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

歯は自覚症状がないままにいつの間にか疾患が進行して寿命が短くなっていることも少なくありません。

そして歯を失ってしまうと元通りにはなりません。

大切な歯を失ってしまわないように原因と対処法を知っておくことは大切です。

そこで今回は歯を失ってしまう原因と対処法についてご紹介していきます。

歯を喪失する原因

歯周病〉

歯を失う原因第1位として最も多いのが歯周病です。

歯周病は歯についたプラークをもとにして歯周病菌が増殖して歯ぐきに炎症を起こします。

歯周病の怖いところは自覚症状が少なく、いつのまにか進行していることです。

歯周病の症状には

・歯ぐきが腫れている。

・歯がグラグラしている。

・食事する時にかみにくくなる。

といった症状が出てきますが、これらの症状が出てきた時には歯周病が悪化して歯を支えている骨が減っていることも多いでしょう。

〈虫歯〉

歯周病の次に歯を失う原因第2位は虫歯です。

虫歯もプラークが原因で進行しますが、初期の段階では気づきにくく、中等度以上にならないと自覚症状が少ない特徴があります。

そのため、神経近くまで虫歯が進んでいると、

・歯に栄養を与える役割の神経をとる。

・歯をたくさん削る必要がある。

ことがあり歯の寿命を縮めてしまいます。

また、歯は1度治療すると虫歯になりやすくなりその結果、再度治療を繰り返すことが多いのです。

そうすると歯を更に削ることになり歯を失うリスクが高くなります。

〈対処法〉

虫歯も歯周病も歯の汚れの『プラーク』が原因です。

そのためそれらを予防するには毎日のセルフケアと定期的な検診でのクリーニングを行うことが大切です。

毎日のケアでは取りきれない汚れを定期検診でしっかり除去して、磨き残しの部分もチェックしましょう。

〈歯根破折〉

聞きなれない方も多いと思いますが歯根破折とは歯の根の部分が折れてしまうことを言います。

歯根破折のリスクが高いのは『歯ぎしり』や『食いしばり』のクセがある方です。

無意識に強い力がかかっていると歯の根に負担がかかり根の部分が割れてしまうことがあります。

また、若い方では事故などの外傷で歯根破折を起こしてしまうこともあります。

〈対処法〉

日中、食いしばりを意識できる方はすぐにやめるように心がけましょう。

歯ぎしりは寝ている時に無意識のうちに行っていることが多いので『マウスピース』をつけて就寝するようにしましょう。

歯を失う歯周病や虫歯の原因はプラークです。

毎日のセルフケアや定期的なプロフェッショナルケアが歯を失う予防になるので日々の心がけがとても大切です。

また、強い力が歯にかかっているような時には『マウスピース』で対応してくださいね。

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002