【症例】左側上顎洞にサイナスリフトという骨造成術を行い奥歯の噛み合わせを治療しました。

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの佐藤です。

以前に当院にて左側上顎洞にサイナスリフトという骨造成術を行い、治癒期間を経てサージカルガイドを用いたインプラント埋入手術を行った症例をご紹介します。

患者様は前歯の仮歯が取れたということで当院に初診来院されました。口腔内を拝見すると臼歯部に欠損があるため前歯でしか咬むことが出来ない状態のまま、何度も仮歯が取れているとのことでした。

臼歯部がないと前歯で咬むことでしか食事がとれないため、前歯への負担が大きくなり脱離や歯根破折の原因になります。欠損補綴について義歯またはインプラントによる治療を説明したところ、義歯は以前使ったことがあるがどうしても使えなかったのでインプラント治療を行っていきたいという希望を頂きました。

骨量を計測すると下顎骨においては問題がありませんでした。しかし、上顎、特に左上顎骨の骨量が少なく、インプラントによる治療を行うためには骨造成手術を行う必要性がありました。治療の流れとしてはまず、右上顎洞に骨造成手術(サイナスリフト)を行います。人工骨が定着するまでの半年の間に下顎の欠損部にインプラント埋入を行い、上部構造をセットしました。セット後は今までより臼歯部で咬めるようになったため、前歯の仮歯が取れなくなりました。

左上の欠損部もサイナスリフトを行ってから半年が経過したので今回、インプラント埋入を行いました。

インプラント埋入オペは左側にサイナスリフトで骨造成した部分に加え、右側も骨量が足りない部分があったためソケットリフトも同時に行うことを計画していました。そこで精密な埋入が必要になるためサージカルガイドを使用することにしました。サージカルガイドを使用することによって、歯茎を切らずに痛みも最小限にするというメリットもあります。

精密な埋入が必要なオペでしたが、術後のCTとパノラマを撮影し確認したところ、予定通り埋入することが出来ました。これから6か月間インプラントが骨とオステオインテグレーションするのを注意深く経過観察していきたいと思います。

これからも知識と技術の研鑽に努め、地域医療の貢献に努めていきたいと思います。

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002