乳歯の後ろから永久歯が生えてきた!

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックです!

本日はお子様の歯の生え変わりについてお話させていただきます。

一般的に乳歯が永久歯へと生え変わり始めるのは5歳半~6歳ごろと言われています。

初めに生え変わるのは下あごの前歯からです。生え変わりのスピードは個人差がありますので多少ゆっくりでも問題はありません。お子様にもよっては1年以上の差が出る場合もございます。

心配であればレントゲン写真をお撮りして、乳歯の下に眠っている永久歯の状態を確認することもできますのでご相談くださいませ。

乳歯から永久歯への生え変わりが起こる時、
乳歯の真下で成長した永久歯が乳歯の根っこを溶かすことで乳歯がぐらつき、抜け落ちていきます。

永久歯が生えてくるための幅があればほぼ真下から根っこを吸収しながら生えてくるのですが、顎の発達がまだ未熟な場合、乳歯に比べて永久歯は格段に大きいため、生えるための顎のスペースがないと、スペースを探して内側へ生えてきます。特に生え変わりが早いお子さんは顎が小さいことが多いのでこういったことは珍しくはありません。

お子様の初めての大人の歯が内側に生えてきてビックリされる保護者の方も多いと思います!永久歯の大きさにも驚かれるのではないでしょうか。

こういったご相談でご来院される方は多くいらっしゃいます。

永久歯の位置が正しい位置に戻らないのでは?と多くの保護者の方が心配されると思います。
結論から言いますと、一度内側に生えてきてしまっても、乳歯が抜けた後は舌が歯を外側に押し出してくれるので徐々に本来の位置に並ぶようになります!
ただし永久歯が入るスペースがないと斜めになってしまったり、重なってしまったりすることもあります。

ですので乳歯がグラついていれば抜けるまでの間は経過観察で大丈夫です。

ですが注意が必要なのは、先行する乳歯がグラグラしていない場合です!

内側に生えてくると乳歯と永久歯に距離があり、うまく根っこを溶かしてくれないために、乳歯を触ってみても全く動かない。といったことがあります。

この場合は抜歯が必要になるかと思います。そのままの状態にしておいてしまうと正しい位置に歯が並ばなくなってしまうことがあります。歯科治療を経験したことのないお子様は、乳歯の抜歯、初めてのことでとても不安かと思います。乳歯の抜歯で初めて麻酔を使ったというお子様も多くいらっしゃいます。

当院では先生とスタッフ力を合わせてお子様をサポートしますのでご安心くださいませ。麻酔の時間は除きますが乳歯の抜歯はあっという間に終えることがほとんどです。またグラグラしていても、お食事の際などに気になって集中できない。痛がる。といった場合にも一度ご相談くださいませ。抜いてしまうのもひとつの方法です。適切な処置を適切な時期に行うことで多くの場合が正しい歯並びになります。しかし、違う方向へ出てきてしまった永久歯が原因で噛み合わせに異常がある。歯と歯が大きく重なって生えてきてしまってる。こういった場合には矯正治療が必要です。

矯正治療で歯並びの改善を行うことは審美的にもそうですが、歯がしっかりと正しい位置で噛み合うということはむし歯予防にも繋がります。

当院には矯正歯科の先生も在籍しております。初回は無料の矯正相談も行っておりますのでお子様の歯並びや癖についてお困り事、ご相談がございましたらお気軽におっしゃって下さいね。

生え変わりの時期は虫歯になりやすい要注意時期です。生えたての永久歯は歯質が柔らかくしっかりとした硬さになるまで2~3年かかります。お子様がこれから一生使っていく大切な歯になりますので、フッ素を取り込んで強い歯にしていきましょう。フッ素はむし歯予防に関して様々な働きをしてくれます。

市販の歯磨き粉にも含まれていますが、歯医者さんで塗るフッ素は少し濃いです。定期検診での継続的なチェックとフッ素塗布でお子様の大切な歯を守っていきましょう。

何かご質問などがございましたらお気軽にお問合せ下さい。

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002