ファイバーコアって何?

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございますウィズ歯科クリニック歯科医師の小川です!

差し歯の中には強度を高めるための土台が入っており、その土台の素材にもいくつか種類がありそれぞれ特徴があります。

そこで今回はファイバーコアとメタルコアの比較について詳しくご紹介します。

【差し歯の仕組み】

差し歯の構成

・ご自身の歯の根の部分
・根に差し込む土台(コア)
・土台を覆う被せ物(クラウン)

虫歯が進行して神経にまで虫歯が達していると神経の治療が必要になります。

根の治療後は歯質の大部分を失っているが多く、そのままでは被せ物はできません。

そこで歯に被せ物をする前に歯の上に立てる土台を「コア」と呼びます。コアにはグラスファイバーの素材のものと金属性のものがあります

【ファイバーコア】

ファイバーコアは最新技術のグラスファイバーの芯にプラスチックの素材で補強した土台です。

プラスチックなので、歯に似た白さがあり自然で透明感があります。

オールセラミックなど透明感のあるセラミックを使用する時に影になりにくく、仕上がりがとてもキレイです。

ファイバーコアは歯の硬さに近いので歯になじみやすく歯がたわむ時に一緒にたわむため歯の根に負担をかけにくくその結果、根が割れにくい特徴があります。

―メリット―

・歯と同じような硬さでしなやかさがあるので歯になじみやすく、根が割れにくい。

・被せ物の色を邪魔しない

・歯ぐきを変色させない

・プラスチックの素材なので、再度治療が必要になった場合でも除去しやすい。

・金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がない。

―デメリット―

・基本は保険外の治療なので、保険の土台に比べて費用がかかる。

 

【メタルコア】

保険を適応して治療ができるのは『メタルコア』です。

金属なので強度が十分にあり保険の中で治療ができるので、費用を抑えることができますがデメリットもあります。

デメリットとしては、金属性なのでそれ自体がとても硬いため歯がたわんだ時に歯との間に歪みが生じたり負荷がダイレクトに歯にかかってしまうために衝撃で根が割れてしまうことが多々があります。

金属は長い期間お口の中に入っていると、少しずつ黒ずんでしまい歯や歯ぐきが黒く変色しやすいこともネガティブな特徴の一つです。

また、金属なので金属アレルギーのリスクが考えられます。

―メリット―

・金属で硬いので強度がある
・保険の中で治療ができるので費用を抑えることができる

―デメリット―

・負荷がかかった時に歯自体を壊してしまう
・歯ぐきや歯が黒く変色してしまうリスクがある
・再度治療が必要になった時に硬いので金属を除去しにくい

 

金属は強度はありますが、その強度ゆえに歯に強い力がかかった際に歯を割ってしまうというデメリットが起こり得ます。

割れた歯はほとんどの場合抜歯となります。

その点ファイバーコアは歯と同じような硬さなので歯に優しい素材であると言えます。

また金属アレルギーの心配もないので安心ですね。

どちらもメリット・デメリットがあるので、差し歯の治療をする時は比較してどちらにするか選んでくださいね

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002