~乳歯の虫歯~生え変わるからと言って放置していませんか?実はとても危険です!

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございますウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

皆さん、乳歯は生え変わるからといって、虫歯を放置しても大丈夫だと思っていませんか?

実は危険です!

乳歯の虫歯を放置すると、将来永久歯にさまざまな影響を及ぼすことがあるのです。

そこで今回は乳歯の虫歯を放置した際に起こるリスクについて詳しく解説させていただきます。

【永久歯も虫歯のリスクが増える】

乳歯の虫歯は初めは自覚症状も少なく、いつの間にか進行し痛みなど自覚症状が出た頃には大きく穴が開いているケースも多いです。
そして、その穴の部分に汚れが入り込んで、さらに虫歯が進行しやすくなります。
乳歯の下には永久歯が少しずつ形成して生え変わりを待っているので、進行した虫歯は永久歯がむし歯になるリスクを高くするのです。

また、乳歯が虫歯になったことも考えると、口の中に汚れが残っている可能性が高いでしょう。
歯磨きが不十分で乳歯が虫歯になった場合には、永久歯も虫歯になりやすいお口の環境であることが多いので注意が必要です。また、正しい歯磨きの仕方を身に付ける必要があります。

【歯並びが悪くなる可能性がある】

乳歯に大きな虫歯があって、穴が開いている場合には隣の歯が少しずつ傾くことがあります。
そうすると、永久歯は本来生えてくるはずの場所ではなく、斜めに生えてきて歯並びが悪くなることがあります。
歯並びが悪くなると、歯ブラシが当てづらくなり、汚れが残ったり汚れが着きやすくなり虫歯のリスクも高くなりますし、口を開けることにコンプレックスを感じることも少なくありません
永久歯の歯並びが悪くならないように、乳歯の虫歯もきちんと治療しましょう。

【あごの成長に影響する】

乳歯の虫歯を放置すると、あごの成長に悪影響を及ぼすことがあります。
成長期の子供のあごは、上下の歯がきちんとかみ合わさって、しっかりとかむことで発達します。
しかし、虫歯があるとその部分でかむと痛みが出てしまうため、正しい位置でかまずに偏ってかんでしまうことが多いです。
そうすると、あごの成長がきちんと促されずにうまく発達しないことが考えられます。
あごがきちんと成長をしないと、永久歯が並ぶスペースが確保できず、歯並びが悪くなることにもつながります。

【偏食につながる】

成長期のお子さんには、しっかりとバランス良く食事をしてほしいと思う親御さんが多いと思いますが、虫歯を放置するとどうしても偏食につながりやすいです。
虫歯で痛みがある子は硬いものや食物繊維の野菜などが咬みにくいので、食べたがらないことが多くなります。
しっかりかんで、バランス良く食事をするためにも、虫歯は早めに治療しましょう。

【まとめ】

乳歯は生え変わりますが、虫歯を放置するとさまざまな影響を及ぼします。
あごの成長が促されず、永久歯の虫歯のリスクも高くなったり、歯並びが悪くなる場合があります。
また、しっかりとかむことができないと、好き嫌いにもつながってしまいます。
将来、永久歯に悪影響が出ないためにも、乳歯の虫歯は早めに治療しましょう。

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

 

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002