乳歯が抜けないまま永久歯が生えてきてしまった時の対応とは?

こんにちは!国道六号線沿い、イオンモール柏の向かいにございますウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

乳歯が抜けずに、永久歯が生えてきたら戸惑う親御さんも多いのではないでしょうか
乳歯と永久歯が生え変わる時期は5~6歳ごろから始まると言われ、乳歯は自然とグラグラしてきます。
一般的には、乳歯が抜けてから永久歯が生えてくるのですが、乳歯が抜けない段階で永久歯が生えてくることもあります。
そこで今回は乳歯が抜けない時に永久歯が生えてきてしまった時にどのように対応したら良いかご紹介させていただきます。

【乳歯の生え変わり】

5~6歳くらいになると、乳歯の下には永久歯が準備されています。
永久歯が完成して、生えても良い時期になると、乳歯の方に少しずつ動いてきます。
そして永久歯が動くと同時に、乳歯の根は少しずつ吸収されていきます。
乳歯の根が吸収されていくと、乳歯が動くようになって抜けます。
乳歯が抜けてスペースができると、永久歯が少しずつ生えてきて乳歯と永久歯の生え変わりが完了します。

【乳歯が抜けずに先に永久歯が生えてきてしまったら】

乳歯が抜けて、永久歯が生えるといった順番が理想的ですが、乳歯が抜けるより先に永久歯が生えてくる場合があります。
「歯並びが悪くなってしまうかも…。」と気になるかもしれませんが、すぐに慌てる必要はないので、乳歯の状態がどうなっているか確認しましょう。
乳歯が動いてグラグラしているのであれば、少し様子を見ましょう。
ただ、奥歯の乳歯が永久歯に被るようになって抜けない場合には、汚れが残りやすく虫歯のリスクが増えるので、早めに抜いたほうが良いケースです。
1カ月くらい経っても抜けない場合や、グラグラして食事をする時に痛みが出る場合には一度歯科医院に相談してくださいね。

【生え変わりの歯は虫歯のリスクが高い】

乳歯が生え始めた時も、歯が柔らかいので汚れが着きやすい特徴があります。
そして、永久歯は乳歯から生え変わる時期から2年程度は歯が完全に完成していなく、歯の質が未成熟で虫歯になりやすい時期です。
永久歯はカルシウムを取り込んで、再石灰化をしながら少しずつ歯が完成していきます。
これから長い期間使っていく永久歯を虫歯から守るために予防が必要な大切な期間です。
歯科医院でフッ素塗布や、自宅でフッ素入りの歯磨き粉を使用して虫歯予防をしましょう。

【まとめ】

永久歯に生え変わる時期に乳歯の下から永久歯が生えてきてグラグラしているようだったら少し様子をみましょう。
ただ、奥歯の場合、永久歯に被さって抜けない場合には、汚れが着きやすく虫歯になりやすいので早めに受診しましょう。

また、歯ぐきが腫れる、1カ月くらいしても抜けない、グラグラして食事をすると痛みが出る場合には一度歯科医院にご相談していただくことをおすすめしています。

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002