歯医者でよく聞く「フッ素」って何?安全?

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございますウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

フッ素は虫歯予防に効果的ということをご存じの方も多いと思います。

多くの歯みがき粉などに含まれているフッ素ですが、具体的にどのような働きがあるかご存知ですか?

そこで今回はフッ素の効果と安全性について詳しく解説させていただきます。

 

 

【フッ素って何?】

フッ素をインターネットなどで検索すると、身体に悪い影響を与えるという記事を見かけることがあります。

フッ素と聞いて「大丈夫かな…。」と思う方もいるのではないでしょうか。

フッ素はお茶や魚にも含まれていて、普段の食生活の中にも含まれています。

そのため、フッ素自体が毒性が強いわけではありません。

ただし、薬などと同様に過剰摂取することで身体に悪影響を与えることも考えられますが、歯の表面に作用させる量では、健康被害を与えることはありません。

フッ素は適量を守れば、虫歯予防に効果を発揮します。

それでは、フッ素の効果をご紹介します。

 

・歯の質を強化

歯の表面のエナメル質を虫歯の原因になる酸に溶けにくい性質に変えて虫歯を予防します。

 

・再石灰化の促進

酸によって歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進します。

 

・虫歯菌の抑制

虫歯の原因になる細菌の働きを弱め、酸が生成されるのを予防します。

このようにフッ素には虫歯を予防する3つの素晴らしい効果があります。

 

【フッ素は安全?】

歯科で使用するフッ素は摂取するのではなく、「塗布」します。

フッ素で中毒が起きる場合は塗布ではなく、大量に摂取した場合です。

歯みがき粉などに含まれているフッ素も磨いた後にほとんど吐き出すので、中毒になることはありません。

また、フッ素の入った歯磨き粉を1本飲み込んだとしても中毒症状は出ないといわれています。

そのため、歯科医院でフッ素塗布した場合やフッ素入り歯磨きを使用しても身体に悪影響を与えることはありませんのでご安心ください。

 歯科医院でのフッ素塗布の場合、塗布した直後にお口をゆすいでしまうと、フッ素の虫歯予防効果が弱くなってしまう為、塗布後は30分程度お口をゆすぐのは控えるよう指示しています。

 

【歯科医院で塗布するフッ素と市販のフッ素の違いとは?】

ドラッグストアなどで市販されている歯磨き粉にもフッ素は多く含まれています。

ただ、これらは家庭で毎日使用するものなので、フッ素の濃度が低いです。

(5001500ppm程度)

歯科医院で塗布するフッ素は900020000ppm程度と市販の歯磨き粉に比べて10倍程度もフッ素が含まれています。

この濃度は歯科医院でしか塗ることができません。

そして、フッ素は特に効果的な時期があります。

それは歯の生え始める時期で、歯が柔らかいので虫歯になりやすいためです。

フッ素を効果的に取り入れて虫歯予防に役立てましょう。

また、永久歯に生え変わるタイミングは汚れが着きやすく虫歯になりやすいので、大切な永久歯を守るためにフッ素を取り入れましょう。

 

【まとめ】

フッ素は過剰に摂取すると中毒になる可能性はありますが、歯科では歯に塗布して作用させるだけなので、中毒になることはありません。

むしろ虫歯予防に非常に効果的ですが、フッ素を塗るだけで虫歯にならないわけではありません。

お菓子をダラダラ食べる習慣や歯みがきをしないで汚れが着いていると虫歯になるので、丁寧に歯磨きをしてくださいね。

また、定期的に歯科医院でお口の中をチェックすることも大切です。

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002