歯医者はなぜ予約制が多いの?

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございますウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

歯医者に行ったことがある方は「なぜ予約が必要なの?」と感じることも多いのではないでしょうか。

歯科は基本的に予約制の所が多く、予約制である事にはいくつかの理由があります。

そこで、今回はなぜ予約制の歯医者が多いのかについて詳しく解説させていただきます。

【治療器具の準備が必要】

一般的な虫歯の治療だとあまり問題はありませんが、親知らずの抜歯やインプラントなどの治療は専用の器具を使用します。

これらの器具は清潔なものを使用するために、滅菌・消毒をします。

予約しないと、数に限りがある専用の器具の滅菌が間に合わないことがあります。

また、事前に準備して、治療の質を上げるためにも予約制を導入しています。

【できるだけ待ち時間を減らすため】

内科などの診察では症状を聞いて診断すると、薬が処方されるといった流れが多いと思います。

しかし、歯の治療は検査・診断をして治療も行うため、歯科医師や歯科衛生士が1人の患者様にかける時間が長いです。

例えば、治療内容によりますが、30~90分程度の時間を確保しています。

もし、90分の患者様がいると1時間半以上お待たせすることになります。

また、1か所だけでなく、複数の不具合がある場合には治療の優先順位を決めて治療計画を立てます。

1度の治療で終わることは少なく、複数回の通院が必要になるので、待ち時間という治療のストレスを失くすことが大切です。

いつ治療が始まるかわからないストレスを解消するためにも、予約を取って待ち時間を減らしています。

 

【被せ物を作製する時間が必要】

一般的に虫歯の治療をした時に被せ物になる場合には、型取りをして技工所に被せ物の制作を依頼します。

被せ物ができるまでには数日程度かかるので、予約がない状態で来院すると被せ物ができていない可能性があります。

そうすると、患者様が来院しても治療ができないので、被せ物ができる日に合わせて予約を取得することが必要になります。

【治療の説明をする時間を確保するため】

歯科の治療は一度で終わることが少なく、どの様に治療をしていくか、患者様に説明する必要があります。

お口の状態をレントゲンや口腔内カメラなどで見ながら、今後どのように治療するか説明します。

また、保険だけでなく自費の治療もあるので、選択肢がある場合には治療のメリット・デメリットを説明して患者様に合った治療を選んでいただきます。

また、最近は不具合が出たから治すのではなく、不具合が出ないように予防する「予防歯科」も浸透しています。

虫歯や歯周病を防ぐために、汚れの着いている場所を確認してブラッシングの方法や自宅でのケア方法なども説明します。

今何をしているか分からないといったことを無くすために、治療だけではなく説明をして納得していただくことに力を入れています。

このように、きちんと説明を行うためには予約をして時間を確保する必要があります。

【まとめ】

歯医者で予約制が多いのは、待ち時間を無くして治療のクオリティを上げるためです。

万全の準備をして患者様が来院するのをお待ちしています。

通院は一度で終わることは少ないので、できるだけ快適に通院してもらえるようにスタッフ一同心がけています。

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002