キスをしたら虫歯が移るって本当!?

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

皆さんは、こんな噂を耳にしたことはありませんか?

・「虫歯は人に移るの?」

結論から言いますと、移ります。

生まれたばかりのお子様のお口の中には虫歯菌はいません。その為、そのまま歯が生えてきたとしても虫歯になることはありません。ですが、ご両親がお子様と食器やコップ、スプーンなどを共有することや口移しで食事を与えること、可愛さのあまり愛情表現としてお子様にキスをするなどで虫歯菌の感染が起こると言われています。また、ご両親からお子様への感染だけでなくカップルやお友達でも、その可能性は十分に有り得るということになります。

しかし、虫歯菌が移ったからと言って必ず虫歯になるというわけではありません。もらって菌が活動することで、虫歯になります。虫歯菌(正式名称:ミュータンス菌)は、歯についた白い塊(プラーク)に棲み着き糖分を餌にして酸を出します。その酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、その部分に穴を開ける事によって虫歯になります。ですので、菌が移る=虫歯になるというわけではありません。「日頃のケア」などを行う事で虫歯菌が棲み着く環境を作らないようにする事が大切です。

【虫歯予防 ~日々のケア~】

それでは虫歯にならない為の「日々のケア」について説明していきたいと思います。

日々のケアと言っても具体的に何をしたら良いのかわからない方も多くいらっしゃると思いますので、日頃のケアについて説明していきたいと思います。

・寝る前の歯磨き

まず初めに、皆様が毎日行っている歯磨きについてです。歯磨きの中でも特に意識したいのが寝る前の歯磨きです。寝ている間は唾液の分泌量が減り、再石灰化が起こりにくくなるので虫歯のリスクが上がります。

その為、夜はいつも以上に丁寧に歯磨きを行ってください。また、お子様には仕上げ磨きしてあげることで、更なる虫歯の予防に繋がります。

・歯ブラシ以外の洗浄器具の使用

次に、歯ブラシ以外の洗浄器具を使用する事も大切です。虫歯になりやすい場所は歯ブラシで磨きづらい歯と歯の隙間などお手入れの苦手なところです。その為、フロスや歯間ブラシを使用する事で普段お手入れが難しい場所も効果的に虫歯予防が行えます。

・フッ素

次に大切な事がフッ素を使用する事です。フッ素には、虫歯の原因となる酸の産生を抑制し、歯の再石灰化を促進、歯の質を強化する働きがあります。その為、フッ素を応用する事はとても有効と言えます。フッ素で虫歯予防を行う方法ですが、幾つかの方法があります。

・フッ素入りの歯磨き粉を使用して日々の歯磨きを行う。

・フッ素入りのうがい薬でうがいを行う。

・歯科医院で定期検診に来て頂き、フッ素塗布を行う。

フッ素を使用するのにあたって、安全なのかなど不安を抱く方もいらっしゃると思いますが、万が一、誤って飲み込んでしまったりしても虫歯予防に使用するフッ素量では特に問題はありません。体内に入ったフッ素は時間と経過とともに排泄されるので心配いりません。

【まとめ】

予防をする為には、歯ブラシを正しい方法で使用し、歯科医院での定期検診に来て頂く事でお口の中のクリーニングを行い、歯石や歯垢取りを行う事で虫歯の住処を無くす事が予防に繋がります。虫歯を予防・早期発見してお口の状態を健康な状態でキープしましょう!

ご自身の歯を守るだけでなく、大切な人の歯も同時に守れます。

定期検診にご興味を持たれた方は、まずはお気軽に当院にご相談下さい!小さな悩みでも私達が一緒に解決致します。

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002