• TOP
  • 新着情報 一覧
  • 症例・豆知識
  • 【症例】他院でインプラント治療はできないと言われたが当院でサイナスリフトを用いてインプラント治療を行った症例

【症例】他院でインプラント治療はできないと言われたが当院でサイナスリフトを用いてインプラント治療を行った症例

症例写真

治療前

治療後

症例の詳細

千葉県柏市にあるイオンモール柏の国道6号線向かいの歯医者、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の小澤です。  

 

今回は上顎で骨がなかったため、骨造成術のひとつであるサイナスリフト(上顎洞底挙上術)を行なった後にインプラント治療を行った症例をご紹介します。

 

治療概要

患者様は50代男性で、他院にて骨がないためインプラント治療ができないと断られてしまった患者様です。

 

実際にレントゲン画像を見ると、欠損している左上は上顎洞が拡大し骨がかなり薄くなってしまっています。

しかし骨が無くなってしまったところには骨を作ればインプラント治療をすることもできます。

この患者様は他院で断られてから入れ歯を作りましたが、しゃべる職業柄どうしても受け入れられずに何とかしてくれないかということで、以前から当院に通われている患者様の紹介で来院されました。

比較的大きな骨造成手術が必要となるため、そのリスクや治療期間について説明し同意をされたため治療に入りました。

 

左上の大きく骨吸収してしまっているところには、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)を行い、鼻腔側へ骨造成をしました。

このケースでは骨の厚みが2ミリあり、インプラントの初期固定も取れそうであったため、サイナスリフトと同時にインプラント埋入まで行いました。

 

骨吸収がかなり進んでいてインプラントの初期固定が取れない場合は、サイナスリフトを行ない、6ヶ月おいてから骨がしっかりと固まってからインプラント埋入を行ないます。

このインプラント埋入からさらにインプラントが固定するのを6ヶ月待つことになりますので、通常はトータル一年ほど期間がかかることになります。

しかし今回は同時埋入であったため、その期間は半分ほどになりました

 

骨とインプラントがしっかりと結合するのを待ったのちに、精密印象を行い上部構造を装着しました。

このケースではチタンアバットメントとメタルセラミッククラインを用いました。

 

やはりインプラント治療は入れ歯と違い、手入れが無くわずらわしくないこと、違和感がないこと、ご自分の歯のようにしっかりと噛めるということで、患者様にはとても満足していただけました。

特にお話をする仕事であったため、入れ歯のときにはかなり仕事に支障が出てしまっていて悩まれていましたので、インプラント治療によって仕事の効率も良くなったということでした。

 

 

千葉県柏市にあるウィズ歯科クリニックでは、インプラント認定医や口腔外科認定医、矯正認定医によるチーム医療体制が整っているので、他院で断られた方でもインプラント治療が可能です。

無料相談も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002