舌が白く汚れているのは何ですか?舌ブラシで磨こう!

こんにちは!イオンモール柏の向かいにある、ウィズ歯科クリニックの岡田です!

この記事を読まれているということは、舌に「白い汚れ」のようなものが付着して困っているのではないでしょうか?

「白い汚れ」の正体は舌苔といいます。

今回は「白い汚れ」こと舌苔についてお話します!

舌苔とは?

まず初めに舌苔とは、舌の表面にある凸凹に、細菌が付着して蓄積したもののことをいいます。舌苔があると口臭の原因にもなる他、タンパク質汚れをエサに口内細菌(悪玉菌)が大繁殖してしまいます。

代表的な細菌としてあげられるのが皆さんも一度は耳にしたことがあると思います、歯周病菌や虫歯菌です。

その為、日々の歯磨きのついでに一緒に舌のお掃除を行い、舌苔を取り除くことが大切です!

続いて、なぜ舌苔があると口臭の原因になってしまうのかについてお話していきます。

口臭は主に細菌が出す分解臭や発酵臭です。少し詳しく説明すると細菌がタンパク質汚れを分解する(食べる)ときに硫化ガスなど刺激臭を出します。これが口臭の原因というわけです。

舌苔が付着する主な原因

次に、舌苔が付着する主な要因について説明祖いていきたいと思います。

舌苔が付着する主な原因としては以下の理由があげられます。

①お口の中が不潔

お食事をとられた後に歯磨きを行うのと同じく舌も定期的に磨く必要があります。舌磨きを怠ってしまうと舌苔が溜まる原因となります。

②唾液の分泌量が少ない

唾液の役割に食べカスや最近を洗い流す作用や殺菌作用があります。その為、唾液の量が少ない場合、舌の上の汚れが落ちずらくなり、舌苔の原因となります。

③口呼吸をしている

口呼吸をしていると、お口の中が乾燥しやすくなります。そうすると唾液も必然的に少なくなり先述した通り、舌苔が付着する環境を作り出してしまいます。さらに付着した状態で口呼吸を続けると付着した舌苔が乾燥し、余計に落ちにくくなります。

 

まとめ

舌苔があると口臭の原因にもなりますので日々の歯磨きのついでに一緒に舌のお掃除を行い、舌苔を取り除くことが大切です!

目安としては、11回舌磨きをすることをおすすめします。

舌磨きは細菌を洗い流すという意味で新型コロナウイルス感染症対策にも繋がります。

注意事項とては、力強く磨いたり、磨きすぎると舌を傷つけてしまうので、注意が必要です。

また、舌ブラシを使うとより効果的です!

当院にも販売しておりますので、気になる方は購入してみてください

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002