セラミック治療の通院回数ってどれくらいかかる?

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

忙しい方は、歯の治療をする時に通院回数が気になる方も多いのではないでしょうか。

特にセラミックは保険外の治療なので、治療前にどのような治療をして目安の通院回数が分かっていると安心ですよね。

そこで今回はセラミック治療の流れと通院回数について詳しくご紹介させていただきます。

セラミック治療の流れ

セラミック治療は流れとしては保険治療と同じ流れになります。

■詰め物の場合 ~虫歯が神経まで達していない場合~

1,虫歯を取り切り、樹脂の仮蓋をします。

2,詰め物の型取りをします。

3,詰め物のセットをします。

4,メンテナンス

■被せ物の場合 ~虫歯が神経まで達しており神経を抜く処置が必要な場合~

1,虫歯を取り切り、神経を抜く処置をします。

2,被せ物を入れるために土台の製作をします

3,土台をセットし被せ物の型取りをします

4,被せ物をセットします。

5,メンテナンス

セラミック治療の通院回数は?

セラミックの目安の通院回数ですが、神経の治療の必要がない詰め物の場合は3回で終わることがほとんどです。

一方、神経の治療も必要な被せ物の場合は、神経の治療のみで平均35回、その後34回程度土台の型取りや被せ物の型取りで通院していただきます。

一般的には69回程度の通院回数の方が多いです。

この他、被せ物の場合は歯肉の状態を整えるために仮歯を装着する期間があります。

また、通院期間ですが、詰め物の場合は1か月程度、被せ物の場合は歯の神経の治療も含めて23カ月程度の期間がかかります。

セラミックを長持ちさせるためのポイント

1 毎日のケアでしっかり汚れを落としましょう

セラミックは汚れが着きにくい素材ではありますが、歯磨きを怠っていると汚れが残って被せ物の境目から虫歯や歯周病になってしまいます。

セラミックを良い状態で長持ちさせるためにも、「毎日のセルフケア」をしっかり行ってお口の中の清潔を保ちましょう。

2 衛生士によるメンテナンスを受けましょう。

一般的にセルフケアでは6割程度の汚れしか取れないといわれています。これはセラミックに限ったことではありませんが、比較的安価な軽自動車でも超高級者でも等しく車検が必要なのと同じように3か月に1度程度のメンテナンスは必要と考えられます。

少しでも良い状態をキープするためにも当院では治療後のメンテナンスでの通院を推奨しています。

3 歯ぎしりや食いしばりの対策をしましょう

セラミックは陶器と同じ素材でできているので、強い衝撃で割れてしまう可能性があります。

そのため、寝ている時に歯ぎしりや食いしばりをしている方は、無意識で自分でセーブすることが難しいので「マウスピース」を作製してセラミックや歯を保護しましょう。

歯にかかる強い力をコントロールすることで、セラミックの寿命も長くすることができます。

まとめ

セラミック治療は虫歯の進行具合によって異なりますが、多くの方が39回程度の通院回数が多いです。

また、セラミックの寿命は患者様の生活習慣によっても異なってきます。

セラミックは銀歯に比べると耐久性に優れていますが、より長持ちさせるために「毎日のセルフケア」と「衛生士によるメンテナンス」、「歯ぎしりの対策」を行ってセラミックの寿命を延ばしましょう。

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002