一本10分で完了!切らない、メスを使わないインプラント治療があることをご存知ですか?

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

歯を失った時にメリットの多い治療法としてインプラントを選ぶ方も多くなってきましたが、従来のインプラントに比べてかなり負担を軽減できる「歯肉を切らない、縫わない」インプラントがあるのを知っていますか?

痛みや腫れも最小限に抑えることができるので、「痛みが出そうでインプラントが怖い」という方におすすめの方法です。

そこで今回は当院でも行っている、「歯肉を切らない、縫わない」フラップレスインプラントについて詳しくご紹介させていただきます。

切らない・メスを使わないフラップレスインプラントとは?

一般的なインプラント治療は、あごの骨にインプラントを埋め込むために「歯肉を切開」して骨を露出させます。

一方、フラップレスインプラントは歯肉を切開・剥離することなく、小さな穴を開けてその部分からドリルを入れてインプラントを埋入する方法です。

歯肉の切開・剥離をせずに、縫合の必要もないため、患者様の負担の少ない治療法です。

そのため、痛みを最小限に抑えることができ、腫れや出血を限りなく抑えることが出来るのが特徴です。

治療計画の時に立体的なCT画像をコンピューターに取り込んで、理想的なインプラントの埋入位置や角度を0.1㎜単位でシュミュレーションしてガイドを作製します。

この「サージカルガイド」を使用することで、歯肉を切開せずに「正確」で「精密」なインプラントの埋入を行うことが可能です。

(サージカルガイド)

フラップレスインプラントのメリット

・術後の腫れや痛みを減らせる

歯肉を切開しないため、術後の痛みや腫れを大幅に減らすことができ、患者様の負担を最小限にできます。

・術時間は10~15分程度

歯ぐきの切開・縫合がない、また術前にサージカルガイドによってインプラントの埋入部位が決まっているため、手術時間を大幅に短縮できます。インプラント1本に対して平均10~15分ほどで手術は終わります。

・歯ぐきが下がりにくい

歯肉を切開・剥離して縫合することで、歯ぐきがひきつってしまい、歯ぐきが下がってしまうことがあります。フラップレスインプラントでは歯肉の切開・剥離、縫合がないため、歯ぐきが下がるリスクがありません。

・術後の出血を限りなく抑えることができる

歯肉を切開しない手術なので、術後の出血を限りなく抑えることが出来ます。

フラップレスインプラントの流れ

STEP1 サージカルガイドを使用して、インプラントを埋入する部分の歯ぐきにパンチ穴を開けてドリルする部分を決めます。

STEP2 穴を開けた部分をドリルしてインプラントを埋入します。

STEP3 インプラントの上に蓋の役割をする「キャップ」をしてインプラント手術は終了です。

STEP4 インプラントとあごの骨が定着する期間(3~6カ月程度)を置き、土台と被せ物の型取りをします。

STEP5 被せ物をして治療は完了です。

ここでインプラント治療は完了しますが、インプラントは汚れが着いたままになるとトラブルになってしまうことがあります。

定期的にメインテナンスをしてインプラントの状態を確認しましょう。

治療後は就寝時にマウスピースを着用するなどして綺麗な歯を保ちましょう!

まとめ

切らないフラップレスインプラントは痛みや腫れが少なく、患者様の負担を減らすことができるメリットの多い治療です。

ただ、骨の量によってはフラップレスインプラントが適応にならないこともあるので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

フラップレスインプラントについては下記リンクにて更に詳しく説明がございます。

気になった方は下記リンクまでアクセスください!

https://www.with-dc.com/implant/tech/flapless/

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002