マスク社会でこそ行う審美歯科

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの歯科医の小川です!

マスクの生活が当たり前になって約2年が過ぎました。

今はマスクで隠れていますが、「マスクを外すと口元が恥ずかしい」という声もあるようです。

口元のコンプレックスの上位は「歯並びが悪い」「歯の黄ばみが気になる」になります。

行動が制限されている今だからこそ、自宅でもできる口元ケアを初めてみませんか?

そこで、今回はマスク社会だからこそ行う「ホワイトニング」と「マウスピース矯正」について詳しくご紹介します。

 

 

【コロナ禍で挑戦したいこととは?】

新型コロナウイルスの拡大で「人と会うことが減った」「家で過ごす時間が増えた」という方も多いかと思います。

そんな中で、自宅で過ごす時間にできる「ホワイトニング」や「マウスピース型矯正」の人気が高まりつつあります。

マスクをしているうちに自分磨きやコンプレックスを解消したい方と考えている方が多いようです。

 

【自宅で出来るホワイトニングがあることを知っていますか?】

〈自宅で手軽にホームホワイトニング〉

一度歯科医院でマウスピースを作製すると、ご自分のタイミングでいつでもホワイトニングできるため、仕事が忙しくて歯科医院に通うことが難しい方に人気があります。

 

ホワイトニング剤について

ホームホワイトニングのジェルの主成分は過酸化尿素であり、ホワイトニングの効果が出る過程で「過酸化水素」と「尿素」に分解され、「過酸化酸素」は漂泊作用を、「尿素」は歯の表面にバリアを張って唾液によって過酸化水素が流れ出してしまうのを防ぎます。

ホワイトニングにおいて漂泊作用を示すのは過酸化水素です。ホームホワイトニングにおける過酸化水素の含有量はオフィスホワイトニングと比べると濃度が低いため、白さを実感するまでに少し時間がかかりますが、オフィスホワイトニングに比べて漂泊剤の浸透深度が深くなるためオフィスホワイトニングと比べて後戻りがしづらいという特徴があります。

 

ホームホワイトニングの効果

・色持ちが良い

残念ながら、ホワイトニングをして希望の白さになっても、食生活や生活習慣によって少しずつ色が後戻りしてきます。

ホームホワイトニングは、エナメル質に限局して漂泊作用を示すオフィスホワイトニングと比べて、エナメル質の一層下にあたる、象牙質まで漂泊効果があるためゆっくり時間をかけて白くすることで「色持ちが良い」という点がメリットの1つです

 

・自分のタイミングでホワイトニングができる

1日2~3時間の装着が必要ですが、透明のマウスピースでほとんど目立つことがなく、自分のタイミングでホワイトニングが可能です。

さらに、今はマスクをつけているため、普段の生活の中でマウスピースを着けながら仕事をしていても周囲の人に気づかれることがありません。

【目立たないマウスピース矯正とは?】

インビザラインなどに代表されるアライナー矯正はマウスピース型の矯正装置で、透明で目立たず取り外しが可能です。

形の異なるマウスピースを1~2週間ごとに交換して、歯少しずつ動かしていく方法です。

 

特徴1 今まで通り食事ができる

マウスピース型矯正は取り外して食事ができるため、食べ物が挟まったり、食事の制限をしたりすることなく、今まで通り食事をすることができます。

 

特徴2 今まで通り歯磨きができる

ワイヤー矯正は食べ物が挟まりやすく、歯磨きが難しいデメリットがあります。

マウスピース型矯正の場合には、取り外して今まで通り歯磨きができるため、矯正中の歯磨きのしにくさがありません。

 

特徴3 痛みが少ない

マウスピース型矯正は形の違うマウスピースに変えて少しずつ歯を動かすため、ワイヤー矯正より痛みが少ないといわれています。

 

【まとめ】

マスクで隠れている時にこそ、「歯の黄ばみ」や「歯並び」を整えてコンプレックスを解消しましょう。

健康的で白い歯を手に入れると、笑顔に自信が持ててお顔の印象も変わります。

当院では「ホームホワイトニング」も「マウスピース矯正」にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

ホワイトニング

矯正治療

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002