抜歯即時埋入インプラント治療と歯並び

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

歯を失ってそのままにしておくと、お口の中のバランスが崩れてしまい歯並びにも影響を与えることがあります。

それだけでなく、歯を失った部分のあごの骨がやせてしまう原因になってしまうこともあるのです。

そこで今回は歯を失った時に起こり得ることや抜歯と同時にインプラントができる抜歯即時インプラントについてご紹介します。

歯を失うとおこる骨吸収

あごの骨は歯があることで、かむ刺激を受けています。

歯を失ったままにしておくと、適度な刺激を受けることができません。

体の特徴として刺激がない部分は衰えてしまうという性質から歯を失ったままの状態にしておくとあごの骨がやせて『骨吸収』をおこしてしまいます。

また、歯が失ったままの状態が長くなると周りの歯が傾いてしまい、歯並びのバランスも崩れてしまいます。

傾きが大きくなると、失った部分の治療をしようとしても、矯正で傾きを治すところからスタートするので長い期間と余分な費用がかかります。

骨吸収や歯並びのバランスの崩れを防ぐためにも歯を失った時にはできるだけ早く治療をすることが大切です。

抜歯即時インプラント埋入治療

歯を失った時にはできるだけ早く治療をしてあごの骨に刺激を伝え、骨吸収を防ぐことが大切です。

通常のインプラント治療では通常抜歯をしてからインプラントが埋入できるまで骨の回復を待つ期間が23か月程度あります。

この骨の治癒期間を待ってから治療を行う方法は、『抜歯とインプラントで手術の回数が2回以上になること』『抜歯した部分の骨がやせてしまう』『治療期間が長くなってしまう』というデメリットがありました。

そこで、できるだけ早く治療ができるインプラント治療法に『抜歯即時インプラント埋入』があります。

 適応、不適応はありますがインプラントメーカーの開発努力によって、抜歯と同時にインプラントを埋入することができるケースがあります。

この方法なら手術回数や治療期間を減らすことができるなど患者様のインプラント治療の負担を減らすことができます。

 抜歯即時インプラント埋入の流れ

1 診断・治療計画

  CT撮影を行って抜歯即時インプラント埋入が可能かどうか診断し、患者様に説明し同意を得てからサージカルガイドを作製します。

2 抜歯と同時にインプラント埋入

  骨を温存するために従来の抜歯で使用する器具ではなく、専用の器具を使用して抜歯を行います。

  次に抜歯した穴にインプラントを埋入して、そのすき間を人工骨で補填します。

  初期固定が十分な場合は仮歯を装着します。初期固定が足りない場合はインプラントにヒーリングキャップを装着し治癒を待ちます。

 3 被せ物の型取り

  歯ぐきが回復するのを待ってアバットメントと呼ばれる土台と上部構造と呼ばれる被せ物の型取りをします。

 4 被せ物の装着

  土台であるアバットメントに被せ物を装着します。

  かみ合わせなどを確認して必要な場合は調整を行います。

 

  抜歯即時インプラント埋入は患者様の負担軽減のためにメリットの多い治療です。

  治療が気になる方はお気軽にご相談くださいね。

 

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002