どうして歯医者は何回も通わなければいけないのか?

こんにちは!

イオンモール柏の向かいにございますウィズ歯科クリニック歯科医師の小川です!

「虫歯を治療するだけなのに何回も通わなければいけない…。」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか?

歯医者の治療回数が多いのにはいくつか理由があります。

そこで今回は、歯医者に何度も通わなければいけない理由について詳しく解説させていただきます。

虫歯の進行具合

ひとくちに虫歯と言っても進行具合で治療内容が変わります。

虫歯がエナメル質の表面だけの場合は、その部分を削って白い詰め物を詰めてその部分は終わることができます。

しかし、虫歯が進行して神経まで達している場合には神経を除去し、根の部分を消毒してきれいにする処置が必要です。

歯の状態によって回数は変わりますが、根の部分に膿がたまっているときれいになるまで時間がかかります。

また、その後に薬を詰める処置があります。

そして、被せ物の型取りをして被せ物を着けていくという工程にある程度通院期間がかかります。

 

・患者様に負担がかかりすぎないようにするため

小さい虫歯で、かつ治療する歯の本数が少ない場合は、比較的短期で治療を終えることができます。

しかし、例えば両側の奥歯に虫歯があり、かつ麻酔を必要として、嚙み合わせを触る必要がある場合には、もし麻酔が切れた後両側の奥歯に痛みがでてしまったら・・・

また、噛み合わせを触ったことでお食事がしづらくなってしまったら、患者様に対する精神的・肉体的な負担が大きくなってしまいます。このような場合には、片側ずつ治療をしていくことで回数がかかってしまいます。

 

・歯周病治療の成果は1回の処置ではわからないため

患者様によく質問されることとして、「歯の掃除はなぜ1回で終わらないのですか?」と聞かれることが多いです。

歯周病の治療は虫歯の治療とは異なり歯肉の状態を見ながら治療していきます。また、歯肉の下に隠れている歯石は1回の治療で落としきることが困難です。

歯周病が進行して歯肉が腫れている患者様の場合、まずは歯肉のふちについたプラークや歯石を落としていきます。

歯肉のふちについた汚れを落としきることで、歯肉の腫れが収まります。するとこれまでは歯肉の下についていた汚れが顔を出してきます。

このように目視で確認しながら処置のできる虫歯治療とは異なり、歯周病治療に関しては歯肉の状態をみながら、また盲目下での処置となるため回数がかかります。

 

 

治療期間を短くするには?

 

虫歯や歯周病の治療期間を短くするには早期発見・早期治療が大切です。

進行すればするほど治療にかかる時間は長くなりますし、歯に対する負担も大きくなります。

 

そのため、「定期的に健診を受けること」が大切です。

虫歯ができた場合でも、自覚症状が出る前に小さな段階で治療をすることができます。

早い段階では治療を1回で終わることができる可能性が高くなります。

 

また、定期的にクリーニングで除去することで、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を整えることができます。

そして、クリーニングの時には汚れが着いている部分の汚れの落とし方もチェックして自宅でのセルフケアに役立てていただくことができます。

 

【まとめ】

 

歯医者の治療に何度も通院が必要なのは虫歯の進行具合やかみ合わせを丁寧に行うために、基本的に1本ずつ治療を行うためです。

また、保険のシステムで1回に治療ができる範囲が決められています。

そのため、歯医者の回数を減らすためには、虫歯になってから通うのではなく予防で定期的に検診を受けましょう。

検診を受けていると虫歯ができたとしても早めに発見できて、治療回数を減らすことができます。

 

 

 

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002