日本口腔インプラント学会認定講習会のハンズオンセミナーに参加してきました。

こんにちは!イオンモール柏の国道6号線向かいの歯医者ウィズ歯科クリニックの歯科医師である佐藤です!

 

私は4月から勝山先生が主催しているみなとみらいインプラントアカデミー(MMIA)の日本口腔インプラント学会認定講習会に参加しています。この講習会は11月までの期間で累計100時間にも及ぶコースです。今回は講義だけではなく模型を使ってインプラント埋入の実習も含まれていました。今回のセミナー会場は世界および日本のインプラントのシェア№1のストローマン・ジャパンで行われました。

今回のセミナーでインプラントの歴史からどのようにインプラントが進化してきたか、さらに最新のインプラント治療の理論や適応法について学んできました。

今回のセミナーで特に勉強になったのはインフラオクルージョンでした。

インプラント治療は入れて終わりではなく長期に渡り口腔内で十分な機能を発揮させなければなりません。インフラオクルージョンとはインプラントが顎骨および咬合の変化に取り残された状態のことです。人は加齢により天然歯が挺出してくる・歯は前方に傾斜してくる・かみ合わせが深くなるといった変化をします。この生体の顎骨の変化により口腔内環境は変わるのですが、インプラントは変化しないため取り残された状態になってしまうという考え方です。そうならないように定期的に噛み合わせの状態を調整していかなくてはなりません。

 

今回は世界及び日本のインプラントシェア№1のストローマン・ジャパンでセミナーが行われたこともあり、ストローマンインプラントの特徴についての実習も行いました。

実習では下顎骨の模型にインプラント埋入実習を行ってきました。今回の実習はフリーハンドでのインプラント埋入の実習でした。インプラント埋入では下顎管を避けること・

舌側に穿孔させないということに注意しながら実習を行いました。

また、インプラントの印象採得実習では実際に使用する材料で 型取りを行いました。

印象採得にも2種類の方法があり、それぞれのメリット・デメリットを症例によって使い分ける必要性を痛感しました。

 

今回はインプラントシェアNo1のストローマンを使ったセミナー実習だったのでとても価値がある実習でした。このセミナーで学んだことをしっかりと自分の技術と知識となるよう、日々研鑽を行い、より良い医療を患者様に提供できるよう日々精進します。

 

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002