自分に合った歯ブラシを選べていますか?

こんにちは😊イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニック歯科衛生士の須田です。

皆さんは自分に合った歯ブラシを選べていますか?薬局に行くとたくさんの種類の歯ブラシが置いてあると思います。

どれを選んだら良いのかわからないと思われる方も多いのではないでしょうか?

今日は歯ブラシの選び方について紹介したいと思います。

歯ブラシの形状

まずは歯ブラシの毛先ですが、植毛部の形状が山型でギザギザしているタイプと直線で平らな形があります。

山型の歯ブラシ

平らの歯ブラシ

 

歯ブラシの形状によるブラッシング効果の違い

毛先を当てるとなると山型の歯ブラシだと毛先を歯面にきちんと当てることが難しいため、フラットタイプの歯ブラシがおすすめです。

毛先の形状は、主にラウンド毛とテーパード毛というものに分けられます。ラウンド毛は毛先が丸くなっていて、歯にあたる面積が大きいのが特徴です。虫歯リスクや補綴物が多い方にはおすすめです。

特に唾液の分泌が少なかったり、口呼吸している場合は歯垢(プラーク)は硬くなりやすいです。

毛の硬さは普通を選んでいただくか、柔らかめをおすすめします。柔らかめを選ぶ場合はブラッシング時間を長めにすることが必要です。

一方歯周病リスクが高い方や歯肉が腫れやすい方はテーパード毛がおすすめです。毛先が細くなっているため歯周ポケットにも入りやすいです。ブラッシングの圧が強いと歯肉に痛みが出てしまうこともあるのでブラッシング圧に注意が必要です。

歯ブラシ毛質、素材の特徴

・ナイロン 

耐摩耗性が高く、歯ブラシに向いています。ただ、毛先が広がりやすいので、交換時期が1ヶ月程度と短めになっています。

・飽和性ポリエステル(PBT)

ナイロンより耐久性に優れています。毛先の劣化もナイロンより遅いです。乾燥も早いので、細菌の増殖を抑えやすいです。

・シリコン

毛が柔らかく、歯肉を傷つけにくいので、赤ちゃん用に用いられることが多いです。

ただ、歯を磨く目的で作られていないためプラーク除去という観点からはおすすめできません。

・動物の毛(馬、豚)

軟らかいので、歯や歯肉へのダメージは少ないです。馬の毛の方が豚よりも柔らかいです。

プラーク除去率はあまり優れていないです。乾燥もしにくく不衛生になりがちです。また、動物アレルギーの方には不適です。

 

【まとめ】

ナイロンと飽和ポリエステルはおすすめです。歯ブラシのパッケージに表記してあると思うので、確認してみてください。

妊娠中のつわりや嘔吐反射が強い方はヘッドが薄いタイプがおすすめです。無理して口を開けようとすると嘔吐しやすくなるためあまり開口せずに磨くことで、奥まで入れやすくなります。

歯ブラシを変えて磨き方がよくなった患者さんもいます。今使ってる歯ブラシが合ってるのか確認してみてはいかがでしょうか!

 

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

 

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002