インプラント治療のCTによる診査、診断の重要性

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございますウィズ歯科クリニック歯科医師の小川です!

インプラント治療で大切なのがインプラント治療前の精密検査です。事前の検査で骨の量や厚みを確認してインプラントの埋入位置を決定します。

その際、3次元的にシミュレーションをして神経の位置や血管の位置を把握し、回避していくためにCT撮影はとても重要なのです。

そこで今回はインプラント治療におけるCTの診査、診断の重要性についてお話させていただきます。

 

インプラントのCT

インプラント治療では歯科用のパノラマレントゲンも撮影しますが、全体的な部分を確認するには有効ですがインプラント治療では十分とはいえません。

CTであれば骨の量・骨密度・神経・血管の位置などがわかりトラブルにならないように危険を回避できます。

上のあごの上顎洞や下のあごの下顎管までの骨の厚みをチェックすることができてインプラントを埋入するための安全域の確保ができます。

またCTの画像をもとにコンピューター上でインプラントの埋入位置をシミュレートできるので、より正確にインプラント治療を行うことができるようになりました。

また、画像で見ていただきながら患者様にもわかりやすく説明ができるので安心して治療を受けていただくことができます。

 

サージカルガイドの重要性

CTでシュミュレーションしても埋入手術は人の手で行うので、誤差が生じてしまうことがあります。それを解決するためにインプラントの角度や位置を正確にアシストするのがサージカルガイドです。

サージカルガイドを使用することでより精密にインプラント手術を行うことができます。またガイド通りにドリルをするので治療時間を短縮できます。

 

 

 

 

 【サージカルガイドのメリットのまとめ】

 ・シミュレーション通りに手術ができるので、安全な位置にインプラントを埋入することができる

 ・歯ぐきを切開しない、フラップレスインプラントが可能で体に負担をかけずにインプラントを行うことができる

 ・歯の形を先に決めてから治療を進めることができる

手術前に綿密な治療計画を立ててシミュレーションをすることがインプラントの成功のカギを握っています。

インプラント治療前にはCTによる精密検査が大切で、事前にCT画像を見ながらご説明をさせていただくのでご質問がある場合にはお気軽にご相談くださいね。

 

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002