子供の矯正はいつ頃始めたらいいの?

こんにちは!千葉県柏市イオンモール向かいにあります、ウィズ歯科クリニック歯科衛生士の金杉です

皆さんは矯正を始めるのはいつ頃が良いのかお悩みになった事はございませんか?

本日は歯並びの事、矯正を始める時期についてお話ししていきたいと思います。矯正にはお子様が対象のものと大人の方が対象のものがあります。

 

お子様の矯正時期

まず初めに、お子様が対象の矯正について説明します。お子様の矯正には開始時期が2種類あります。

 

一期治療

乳歯と永久歯が混在している時期を「混合歯列期」といいます。この時期は体の成長と共にお口の中や顎も大きく変化する時期です。

今後生えてくる永久歯のための矯正治療となり6、7歳で始めるのが一般的です。

メリット歯列や噛み合わせによる悪習癖を改善しやすく、顎骨の発育をコントロールしやすい

デメリットお子様にとってストレスになることがあったり、適切に装置を付けないと効果が薄れる場合がある

 

二期治療

永久歯が全て生え揃った状態で歯に力を加えて動かしていく治療です。一期治療を逃してしまった、歯並びが気になる方の治療です。

 

大人の方が対象の矯正

次に大人の方の矯正です。永久歯が生えそろっていれば始める時期については特にいつでも問題ありません。それでは矯正の種類をご紹介します。

 

ワイヤーブラケット矯正

一般的な矯正方法です。矯正装置であるブラケットを歯の表面にとりつけ、ワイヤーを通し歯に力を加え少しづつ動かしていきます。

当院ではメタルブラケット(銀色の装置)はできるだけ目立たせず矯正治療を進めていくことができます。

★メリット→歯の動くスピードが速く、細かな微調整がしやすい

デメリット→他の矯正に比べ痛みがあり表面につけるためマウスピースなどよりは目立ちやすい。歯磨きがしづらく汚れがたまりやすい

 

舌側矯正

歯の表面ではなく裏面にブラケットを付けワイヤーを通して歯を動かしていきます。

メリット裏面に付いているので目立ちにくい

デメリット口腔内を傷付ける可能性がある、ドクターの手間や高い技術が必要なため費用が高くなる

 

マウスピース矯正

ブラケットは使用せず一人一人に合わせた透明なマウスピースを使用して治していきます。

メリット透明なので気付きにくい、付け外しが可能な為食事制限などがない。

デメリット歯並びや骨格によって適応外がある

 

当院では月に数回矯正専門医が来ています。

「どのような流れになるんだろう?」「費用はどのくらいかかる?」「期間はどのくらい?」

など気になる方はぜひ一度無料矯正相談を検討してみて下さい。

その他、気になることや分からないことがあればお気軽にスタッフにお声がけ下さい😄

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002