• TOP
  • 新着情報 一覧
  • 症例・豆知識
  • 【症例】50代男性「歯茎に出来物ができた。被せ物も綺麗にしたい」根管治療をした後、メタルフリーの土台とセラミックの被せ物で審美面も改善した症例

【症例】50代男性「歯茎に出来物ができた。被せ物も綺麗にしたい」根管治療をした後、メタルフリーの土台とセラミックの被せ物で審美面も改善した症例

症例写真

治療前

治療後

症例の詳細

治療内容

根管治療をした後、メタルフリーの土台とセラミックの被せ物で審美面も改善

患者様の状態・要望

「歯茎に出来物ができた」と来院されました。
また、上前歯の「被せ物の黒ずみが気になる」というご相談も受けました。

治療費用

¥429,000
(ファイバーコア ¥11,000×3本、ジルコニアセラミッククラウン ¥132,000×3本)

治療期間

2ヶ月

注意事項(主なリスク・副作用)

・根管治療終了後も、まれに再治療や外科処置、抜歯などの処置が必要となる場合があります。
・噛み合わせや歯ぎしりが強いとセラミックが割れる可能性があります。
・一部の治療を除き自由診療(保険適応外治療)となります。

カウンセリング・診断結果

診察したところ、上の前歯の歯茎におでき(フィステル)ができていました。おできが出現するのは歯茎の中や根っこの先で慢性的に化膿している状態の時です。おできが中で溜まった膿の出口となります。

レントゲンでみても歯の根っこの先に黒い影が確認でき、炎症や膿があることが分かりました。

また、患者様は上前歯の被せ物の黒ずみでお悩みでしたが、被せ物が合っていないことも確認できました。そのため、黒ずみだけでなく、歯の長さも揃っておらず審美障害を起こしていると診断しました。

行ったご提案・治療内容

患者様の主訴の1つである黒ずみは、銀でできた土台が原因になることが多く、土台や被せ物にメタルフリーの材質を使用することで審美面が改善されるとご提案しました。保険・自由診療の内容を丁寧にご説明し、患者様にご納得いただいた上で、土台からメタルフリーの素材を選択し治療を進めました。

まずはおできが確認できた右上前歯(中切歯)の根管治療を行います。おできの治癒が確認できたあとにメタルフリーの土台(ファイバーコア)を装着し、ジルコニアセラミックの被せ物を入れました。

他の右上前歯(側切歯)と左上前歯(中切歯)の2本も銀でできた土台を外しファイバーコアを装着、ジルコニアセラミックにて被せ物を作製しました。

また、歯茎の黒ずみ、歯茎の調整、最終的な歯の形の確認のために、ファイバーコア装着時には仮歯の装着を行いました。この仮歯で患者様の主訴がしっかりと解決されているか確認を行い、次のステップへと進めました。

術後の経過・現在のご様子

おできが消失し、腫れることがなくなりました。

被せ物もとても自然で患者様の歯に調和しているため、審美面でも非常に満足されています。「思いきり笑えるようになった」とお褒めの言葉をいただきました。

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002