【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上

 

千葉県柏市にある歯医者「ウィズ歯科クリニック」の歯科医師・小澤です。今回ご紹介する症例は60代・主婦の患者様です。

歯が欠けて咬めなくなってしまったためご来院されたのですが、患者様のご要望をお聞きすると「10年以上歯医者に通っていなかったから、これを機にお口の中全体を根本的に治療して欲しい」とのことでした。欠けた歯の機能を取り戻すために、当院としてはインプラント治療をご提案し、結果的に患者様はとてもご満足いただけたようです。インプラント治療を行うことで、歯がボロボロ・ガタガタ・グラグラであったり、歯がほとんどない又は歯がないお口も改善することができます。

それでは、この症例の詳細をご紹介していきます。

治療の内容

インプラント治療

インプラント治療の費用(税込み)

642万円

※固定式のインプラント治療は片顎220万円~

インプラント治療の期間

治療計画・初期治療 12ヶ月

インプラント待時期間 24ヶ月×2

セカンドプロビジョナルレストレーション 23ヶ月

最終上部構造装着 1.5ヶ月

合計約1年

インプラント治療前の状態・主訴

・柏市内にお住いの60代・主婦の患者様。

・当院に通院されていたことがある娘様からのご紹介。

【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラント治療前の歯①|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

主訴・ご要望

・歯が欠けて咬めなくなってしまった。

・歯医者に10年以上通っていなかったため、これを機にしっかりと全体的な治療をしたい。

・入れ歯は使いたくないので、他の治療方法を提案して欲しい。

・人前で笑えるようになりたい。

・孫と外食できるようにしたい。

患者様は、歯が欠けてしまったことでお孫様とのお食事を楽しむことができなくなったり、人前で笑うことをためらうようになってしまったりと、あらゆる不都合が起きていました。

歯が欠けることで日常生活が制限されてしまうケースは少なくありません。歯が欠けた状態でのお食事は咬みにくいため、咀嚼が上手くいかずに身体に負担をかけてしまう可能性が高くなります。しっかりと噛んで飲み込むことは、食べ物を消化・吸収するためには欠かせない行為なので、歯が欠けたらすぐに歯医者に相談するようにしましょう。

また、こちらの患者様は普段からメインテナンスや予防のために歯科医院に通院する習慣がなかったため、口腔内はあまり良い状態ではありませんでした。患者様としても、「10年以上歯医者に通っていなかったから、これを機にお口の中全体を治療して欲しい」とご要望がありました。他にも、「入れ歯は使いたくないので、他の治療方法を提案して欲しい」とのことでしたので、ご希望に沿った治療方法を検討することにしました。

【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラント治療前の歯②|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

 

インプラント治療の詳細

「患者満足度日本一の歯科医院を目指す」当院では、ご要望をしっかりとヒアリングし、できる限りお応えすることを大切にしています。ご要望を担当歯科医師がしっかりとお聞きし、診査・診断を行うための資料集めや情報収集を行った上で、保険診療・自費診療を含めたいくつかの治療計画を立てていきます。

 

この症例のようにいくつかの治療計画を立てる場合は、歯を3パターンに分類していきます。

○:10年以上は使える歯

△:25年は使えるものの予後が不安定な歯

×:保存できない歯

上記のように分類した上で、「○の歯のみを残すプラン」「△の歯も残すプラン」などの複数の治療計画を立案し、患者様にご説明するようにしています。今回の症例では、合計6パターンの治療計画をご提案しました。

【症例【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラントの治療計画②|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

患者様には、「ご自身の歯が数年間でも維持できればいいか」「それとも、10年・20年先も維持できるような治療にしたいか」など、患者様のご意思を確認していきます。他にも、治療期間や治療費用、固定式or着脱式などいくつも決めなければならないことがあります。これらを患者様だけで決めるのは簡単ではありませんが、担当歯科医師が適切なアドバイスをいたしますのでご安心ください。

 

患者様とじっくりと話し合った結果、すべてインプラントにて24本の歯を支える「ボーンアンカードブリッジ治療(下記の画像)」を決断されました。

【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラントの治療計画|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

 

数年後までを見据えインプラントの治療計画を立案

この、すべてインプラントにて24本の歯を支えるボーンアンカードブリッジ治療の計画を立案した背景をご説明します。この治療計画では、10年以上は使えるであろう「○」の歯を上下でそれぞれ1本ずつ抜歯しています。それには理由があり、仮に数年後に抜歯することになった場合にインプラントを追加する必要があるもしくは上部構造をすべてやり直さないといけなくなる可能性があるためです。結果的に治療費用が高額になったりと、患者様への負担が大きくなるリスクを回避するため、この段階で先を見据えて戦略的に抜歯することを選択しました。

 

さらにもう一つ理由があります。顎堤(がくてい:歯がなくなり歯肉だけになった部分)の吸収した歯のない部分にインプラントを埋入していくため、天然歯との段差や審美的な面で影響が出てしまうからです。歯を数本残せるのであればブロック単位での治療も可能ですが、今回は患者様と相談の上でこのような治療計画で進めることとなりました。

 

インプラント治療の流れ

歯科用のCTや口腔内写真(一眼レフカメラ)、模型、口腔内検査などの資料採集と並行して仮歯を装着します。今回の治療計画では、一旦すべて抜歯をして入れ歯を入れることで治療期間を短縮させることもできますが、患者様からは「入れ歯にはしたくない」とのご要望があります。そこで、インプラントの埋入を2段階に分けて行うことにしました。

【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラント治療中①|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

仮歯の固定に必要な最低限の歯を残して、その間にインプラントを埋入していきます。24ヶ月ほどインプラントの生着を待った後に、残っている歯を抜歯して残りのインプラントを埋入していきます。インプラントに関しては、上顎両側ソケットリフト抜歯即時埋入を併用することで大がかりな骨造成治療を避けることができました。

 

そして、再度24ヶ月ほど追加インプラントの生着を待ってからすべての型採りを行い、最終的な歯の形をイメージした仮歯を製作しました。今回の症例ではこのステップが非常に重要であり、見た目だけでなく咬み合わせや顎の位置など総合的な評価を行っていきます。このステップを飛ばしてしまうと、最終的な歯を入れてから大きなトラブルにつながりかねません。数回にわたり仮歯の調整を行なった後に、ブロックごとに最終上部構造へと交換しました。

 

インプラント治療中の患者様のご様子

患者様は治療のスタート時こそ緊張されていたものの、治療計画を詳細にご説明し細かなお悩みにも丁寧にお答えすることで、徐々にリラックスされていったようです。会話を重ねる度に笑いを交えながら話してくださるようになり、治療についても詳細な希望をしっかりと引き出せたのではないかと思います。仮歯が入る度に、見た目や咬み合わせが回復をしているのを実感され、喜んでくださりました。

【症例】インプラント治療で【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラント治療中③|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

インプラント治療の注意事項(副作用やリスク、デメリット)

・術後の予後を完全に保障するものではありません。

・インプラント治療は自由診療です。

・治療計画は口腔内、歯牙の状況により変更する場合があります。

・全身疾患や上顎洞炎などの既往がある方や、喫煙者の方は手術が不可能な場合もあります。

・インプラントを含む外科的処置にて下歯槽神経を損傷した場合、顔面に知覚麻痺が生じる場合があります。

・術後の痛み、腫れを伴う可能性があります。

・手術は複数回に及びます。

 

インプラント治療のその後

1年の治療の結果、治療前に比べて口元に大きな変化が出たことをとても喜んでくださいました。インプラント治療により見た目が美しくなり、人前で笑うことにためらいがなくなったので、おしゃべりがとても楽しくなったそうです。

以前は楽しめなかったお孫様やご友人とのお食事や外食も、しっかりと咬めるようになったので心から楽しめるようになりました。患者様がうれしそうにされている姿を見て、当院としても喜ばしく思います。

【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラント治療前後の歯|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

今まで歯科医院に疎遠だった患者様ですが、今回の治療を通じてご自身の歯やお口に対する意識が大きく変わられました。治療後もメインテナンスに定期に通ってくださるようになり、「通うのが楽しみになった」と言ってくださったほどです。

歯科治療は歯の痛みを取り除いたり、歯の機能を回復させること以外にも、患者様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ:人生の質)を向上させる役割があります。治療を行うことで心が満たされ、生活が豊かになるサポートができます。

また、お口の健康は全身の健康と深く関わっています。歯科治療により、心と身体の両方が健康になるサポートをさせていただくことで、健康寿命を延ばし、患者様のQOLの向上を貢献できる歯科医院でありたいと考えています。

【症例】歯がほとんどないお口をインプラント治療で機能的・審美的に改善し、QOLが大きく向上|インプラント治療後の歯|千葉県柏市の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

本症例のまとめ

歯科治療には、全顎的に行う症例から局所的に行う症例まで、さまざまな治療計画が存在します。特に大きな症例になると治療計画は何パターンも存在して複雑になりますが、「ウィズ歯科クリニック」では患者様のご意思を第一に十分なコミュニケーションを大切にしています。

今回はボーンアンカードブリッジ治療を行いましたが、4本のインプラントで片顎12本の歯を取り戻す「オールオンフォー」というインプラント治療の方法もあります。ボーンアンカードブリッジもオールオンフォーも、歯がボロボロ・ガタガタ・グラグラであったり、総入れ歯の方や歯がほとんどない方、歯がない無歯顎の方のお口も改善できます。

当院では、治療経験と実績が豊富な歯科医師が10名以上在籍しています。また、各専門医や歯科衛生士、トリートメントコーディネーターなど多職種間がしっかりと連携して患者様の治療に向き合っているため、一人の歯科医師の技量に左右されない高い医療水準での総合治療がご提供できます。

インプラントの治療相談は無料で行っています。セカンドオピニオンで来院される方も大勢いらっしゃるので、総合的な視点からの歯科治療をご希望の方はぜひご相談ください。

 

インプラント無料相談はこちら

https://www.with-dc.com/implant/contact/

 

インプラントサイト

https://www.with-dc.com/implant/

 

インプラント症例

https://www.with-dc.com/info-cate/implant/

 

千葉県柏市・南柏の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

https://www.with-dc.com/

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002